「エアバッグ警告灯」タグアーカイブ

E65 エアバッグ警告灯点灯→中古モジュールにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

エアバッグ警告灯が点灯したE65です。
故障個所は事前にディーラーでチェック済みですので、交換用中古モジュールは本作業日までに準備していただきました。

このモジュール、E65/66系だとよく壊れますよね…。

『部品が届いた。』と言う事で、交換作業開始です。

BMW E65 エアバッグ警告灯点灯→中古モジュールにて交換修理



今回の作業コード:SGM_REPLACE

ではさっそく、作業を進めていきます^^

まずは現状確認のために、キーON!!


こっちにも。

うんうん。
ちゃんと警告出てますね。

ブログのために(?)、当店でも一応診断機に通してみます。

はいはい。
お問い合わせいただいたときの通りに、ちゃんとSGM-SIMのエラーが出ていますね。


こちら(↑)が持ち込んでいただいたSGM-SIM。

これを使って載せ替え作業をしていきます。
オーナーさんに大切にされて、愛情いっぱい育てられているのE65なので素直な子♪

(シートベルトもバックルに刺した状態なので、シートベルト警告灯も消えています)


素直な子なので、あっという間に載せ替え作業完了です^^

ばっちり。
オーナーさんと一緒に動作確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございましたm(__)m

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E66 エアバッグ警告灯 SGM-SIM故障→中古ユニットにて交換修理

こんにちは。埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

以前、エアバッグ警告灯が点灯しているので、一度車両を診てほしい。という事でご相談をお受けしていた“E66”です。

その際、E65-66では割とよくある“SGM-SIM”の故障と判明。これは当店ですと中古ユニット交換でしか対応できません。(新品ユニットでの交換はディーラーでも作業できますので、新品をご希望の方は最寄りのディーラーへ^^)

その逆に、中古ユニットの再使用は、ちょっと特殊な作業を行わないと、同じ車種だとしても他車には使用できません。当然ディーラーでは作業できません。

という事で、ビックリするくらいの格安でユニットが手に入った。との連絡がありましたので、作業日を決めて交換作業です。

BMW E66 エアバッグ警告灯 SGM-SIM故障→中古ユニットにて交換修理



今回の作業コード:SGM_REPLACE

エアバッグシステムのどこか一部に不具合があると、こんな画面が。

この画面が出たから、今回のブログの不具合が原因。とは限りません。毎度毎度書いていますが…。

まずは、こちらの作業メニューをお受けいただき、原因を明確化する必要が必ずあります。

入手された中古のSGM-SIMを受け取り、サクサクっと作業を進めていきます。

壊れているSGM-SIMを取り外し、中古SGM-SIMを取り付けです。

あとは、移植後に100%の確率で起こる拒絶反応を「お前はこの車のユニットだ~~」と5円玉で催眠術をかけてあげると、拒絶反応が収まり、正常動作してくれるようになります♪



バッチリ♪

メーターパネル上もエアバッグ警告灯のインジケーターも消えて…

シートベルトをすると、ちゃんとシートベルト警告灯も消灯。

最後にコンピューター診断に通して、オーナーさんと一緒にエラーログが残っていないことや、エンジン始動の際に正常にインジケーターの点灯→消灯が行われることを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E90 助手席着座センサーエミュレーターで対応できないエラー対応

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回は着座センサーのエラーには間違いないと思うだけど、某オクで買ったエミュレーターを付けても解消しない…。診てもらえませんか?

最近、多いですね。着座センサーだけでなく、某オクで買ったけど…。診てもらえません?ってパターンのヤツ。

こんなブログ書くと、慌てて某オクでこの手を販売している人の注意事項に“対応できない場合もあります”なんて文言追記されそうですが(爆)


という事で、早速!

BMW E90 助手席着座センサーエミュレーターで対応できないエラー対応


警告灯だけで故障箇所が判断できる。そんなにスーパードクターではありませんので、まずコンピューター診断をしてみます。

診断の結果、確かに“助手席の着座センサーのエラー”
間違いありません^^

だけど、、、
これには落とし穴がありまして…

BMW純正の診断機で、ゴニョゴニョすると…
とあるモノが表示されて、この表示が出るときは、エミュレーターでは直せないよ~という事を、かなり遠まわしに教えてくれます。着座センサーのエラーは、BMW社としては着座センサーの交換が前提てすからそもそもエミュレーターでの故障対応を良しとしていません。“エミュレーターで対応できません”とは直接的には教えてくれませんがわかる人にはわかる暗号を提示してくれます。 

純正機、やはり純正だけあって高スペックで親切です♪
お持ちの方が使いこなせているかどうかは別として(笑)

という事で、今回のパターンの着座センサーのエラーは、当店でも販売しているタイプ3のエミュレーターではどう頑張っても対応できません。当然、某オクとかに販売している市販の“助手席着座センサー”とか“エミュレーター”とかも全く歯が立ちません。

つまり、ちゃんと故障判断できる人がBMW純正診断機を用いて現車を診断しないと、“着座センサーのエラー”だからこれで対応できる♪と、意気揚々に購入してもムダ金になる。って事です。

今回のような場合には、別の方式で着座センサーエラーに対応する必要が出てきます。

ちなみに、別の方式は今までのエミュレーターで対応できる故障にも対応できるというタイプ3に対応する車種の中ではマルチで最強なヤツです(笑)

使い手に左右されますので、ご来店いただいた方のみの対応とします。

はい、バッチリ♪

オーナー様と一緒に…

電源オン→他の警告灯に合わせてエアバッグ警告灯点灯→暫くして警告灯消灯(シートベルト警告灯点灯中)→シートベルト装着→シートベルト警告消灯

という、正常動作する事を確認して、作業完了です。

上記にも記載しておりますが、着座センサーエラーだからと言って、エミュレーター(キャンセラー)で必ず対応できるとは言えません。ですので、無駄な時間&ムダ金を払わない為にも、エアバッグ警告灯が点灯した際には、ちゃんと判断できるショップに故障判断をしていただき正しい対応をしてもらってくださいね~~~。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto