「■ BMW&MINI コンピュータ診断」カテゴリーアーカイブ

E90 (320i) 純正シートヒーター機能ONコーディング後の不具合修正

こんにちは。

埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

トランクはちゃんと閉まっているのに動き出すと“トランクフードオープン”の表示が出る。という事でDIY好きのある意味リピーターさん(笑)のご来店です。

で、題名で何が原因だったかネタバレなんですが…(笑)

BMW E90 (320i) 純正シートヒーター機能ONコーディング後の不具合修正


今回の作業コード:ERR_CHK+α

事の流れは…
2021年9月にDIYで運転席+助手席をシートヒーター内蔵のパワーシートに交換

アクティブヘッドレスト異常が出るので出ないように修正、合わせて助手席のパワーシート+シートヒーターが動作しないので診てほしい。

という事でご来店。

エアバッグ警告灯の点灯原因のアクティブヘッドレストの方は問題なく解決。

助手席シートの方は色々問診させてもらった結果、“動かなくて当然”な状態でしたので、必要なヒントをトスして終了。(DIYは自分で調べて情報を精査して作業するのも楽しみですからね。楽しみは奪いません♪)

その後、連絡なかったのでうまくいったのかな?って思っていたのですが、年明けて数か月後。

動き出すと毎回『トランクオープン』の警告が出る。この状況について、先ずは、ハード上の問題と想定して、純正トランクロックアクチュエーターを入手し交換をしてみましたが状況は変わりません。また、トランクロックアクチュエーターと接続相手のJBE間のワイヤー断線の有無を確認しましたが、これも問題ありません。これらからは、ハードとしてはトランクを含むドア類の検知を統括しているコンピューター側の不具合とも考えられますが、ドア類の中でも異常動作はトランクだけなので、当方としては、ハードでなくソフト上の問題という気がしています。以上のような状況ですが、一度見ていただけないかと思っております。(オーナーさんのメールのコピペ)

とのことで再度ご来店です。

↑問い合わせ時にオーナーさんからのメールに添付されていた画像を拝借^^


まずはコンピューター診断。


結果、JBEの所にある“ZVモーター”関係が犯人ですね。


この画像でおかしなことに気づいた人はすごいです^^

で、この診断結果を元にオーナーさんに問診開始!!

関係ありそうなところは部品交換、断線していないかも確認済み。とのことですし、この画面で何となく原因はわかったので、“仮説”を崩せるように『いつから出るようになった?』など、ちょっと突っ込んだ話。

他店でシートヒーター機能をONにする作業してもらったそうで、シートヒーターのコーディングをしてもらった後くらいからかな。とのこと。
(最初はアクチュエーターが壊れたり断線したりしたのかな?と思って特に気にしなかったみたいです)

でしょうね・・・。
問診+診断結果を元に建てた仮設と合いますww

という事で、車両のデータを吸い出してチェック。
仮説通りの内容をちゃんとやらかしてくれていて、複数のモジュールがこの車には不適合な内容のデータがコーディングがされていました♪

確認できましたので、原因が確定しました。
簡単に原因究明できて判ってよかったです^^

純正シートヒーター機能ONコーディングをする際にやらかしたところの複数モジュールのデータをこの車に合うように色々修正して再度コーディング。

シートヒーター機能ONの際にある意味やっちゃいけない要らない事しちゃっているので「トランクオープン」の問題以外にも問題がありそちらは元に戻しきれないところもありますが、車体番号を使ってサーバーからダウンロードした情報を元に戻せる限り元に戻します。


〇シートヒーター機能→OK
〇動き出してもトランクオープンの警告は出ない
(ホントにオープンしている時は警告)

シートヒーター機能ONする為のコーディング後に発生していた不具合に関して、完治したことをオーナーさんと一緒に確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E91 中古FRM(フットウェルモジュール)で交換修理+助手席着座センサーエラーの解除

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

『ウィンカーが球切れしてる訳でも無いのにハイフラを起こしてる状態でしたので最寄りのBMW正規ディーラーで診断したところ、フットウェルモジュール不良と診断されました。
ディーラーの修理見積もりより少しでも安く治せたら。。。また同時にエアバックマークが出てるので一緒にみてもらえたらと思ってます』

という事で、ご依頼いただきました。

BMW E91 中古FRM(フットウェルモジュール)で交換修理+助手席着座センサーエラーの解除


今回の作業コード:ERR_CHK / FRM_RECODE / SEAT_ERR_4

少しでも安く修理したい。と思うのは当然のことだと思いますので、当店ではオーナーさんでもできる事はやってもらっています。

例えば少しでも安く適合するFRMを探して購入→持ち込んでもらう。物理的な交換工賃が発生しないように、すぐに交換できるように内装はバラシてきてもらう等。

という事で、今回も適合する壊れていないFRMを見つけてもらって持ち込んでもらいました。

送料無料で2,200円(税込)で買えたとのこと。
探せば安いのありますね。このあたりはオーナーさんの検索能力に依存しますね~。検索ワードを駆使して探すの上手い人は安いの見つけられます^^

エアバッグ警告灯も点灯している。とのことですので、まずはコンピューター診断から。

エアバッグの方は“着座センサーシートマットの不具合”ですね。
そして、FRMにはウィンカー系の大量のエラーが・・・。だから、球切れしていなくてもハイフラになっているんですね。

まずはFRMの方から。
無駄な作業をするとその分リスクは高くなりますので、問題が起こらない必要最低限の作業(低リスクな載せ替え方法)でサクサクっと現車適合化処理を行ってこっちはOK。

その後、着座センサーシートマットの不具合の対応。

エアバッグ警告灯もばっちり。

仕上げにコンピューター診断に通して、エラーの消去を行い再度診断。

フォグは電球からLEDに交換している。とのことで、エラーは残っていますが、原因が分かっているので特に問題なしです。このエラーは別途LED化対応をご依頼いただければ無くなりますが、今回はそのままです。

引き渡し前にもう一度、オーナーさんと一緒にFRMが制御している部分が正常に動作することを確認。またエアバッグの方も警告等が消える事を確認。再度コンピューター診断に通して、車両が検出しているエラー内容を一緒に確認してもらって作業完了です。

フットウェルモジュールをかなり安くGETしていただいた事も大きく、BMW正規ディーラーでフットウェルモジュールを修理する金額の約半額で、エアバッグとフットウェルモジュールの両方が部品代含め修理できた感じですね。ディーラーで修理するよりリーズナブルに直せて良かったです。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E82 後期ヘッドライト化に伴いコーナリングライト異常の非表示化

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

“前期から後期LCIヘッドライト交換に伴い、コーナリングライト異常の警告をメーター及びナビ画面に非表示&左右ターンインジケーターの警告灯も表示されましたので非表示にして頂きたい”

というE82(135i)オーナーさんからのご依頼です。

BMW E82 後期ヘッドライト化に伴いコーナリングライト異常の非表示化


今回の作業コード:AFS_ERR

では早速、現状確認。

はいはい。おっしゃられていた通りのエラーですね。

前期アダプティブヘッドライトから、後期の標準キセノンヘッドライトに交換されていますので、エラーが出るのは当然です。

が、ターンインジケーターに関してはノーマルバルブのままですし、ちゃんと点滅(ハイフラ無し)もします。後期ヘッドライトにしたら出た。という事ですのでこのエラーはアレですね。

現車確認できましたので、早速ゴニョゴニョ作業開始。

はい完成♪

最後にオーナーさんと一緒に動作確認(点灯確認等)して、作業完了です。作業後は色々楽しいお話しを。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.