「FRM3現物修理(通信不能)」カテゴリーアーカイブ

E84 FRM3 現物修理(通信不能品)

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

診断機に通したら、いきなり動きがおかしく(片側のヘッドライトONしっぱなしやウィンカー出ない等)なった。という事で、FRM3の現物修理のご依頼です。

BMW E84 FRM3 現物修理(通信不能品)


今回の作業コード:FRM3_REPAIR

基盤がぶっ壊れているのは修理対象外ですが、こちらのような作業でぶっ壊れたFRM3の場合は、かなりの確率(今の所100%)でこちらの作業メニューで復活できます。

では早速。

データはバッチリ復活できました。
あとは復活したデータを書き戻せばOK。

という事で、無事作業完了。
あとは、送られてきた梱包材を再利用して、代金振り込みを確認後に送り返すだけ。

後日…
“問題なく復活しました”との事でしたので、FRM3本体にも車体側にもその他不具合は無かったようですね。良かったです。
たまにあるんですよね…ww
それはまた違うブログで

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は宅急便での修理対応が可能です。が、車両の状態により再コーディングが必要な場合があるかもしれませんので、できれば現車持ち込みが望ましいです。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

通信不能になったFRM3(フットウェルモジュール)の現物修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

こちらのブログからの続編です。

↑のブログに記載しているような作業で、ご臨終されたFRM3です。また、このブログの修理内容は全てのFRM3の故障を修理できる訳ではありません。↑のブログにあるような作業で壊れたFRM3のみ対象の修理です。

通信不能になったBMW FRM3(フットウェルモジュール)の現物修理

今回の作業コード:FRM3_REPAIR

この修理に関しては現車不要ですので、ぶっ壊れたFRM3を宅急便で送ってくださっても作業できます。

早速、サクサクっと作業していきます。

データは無事救出できましたので、これを元にゴニョゴニョ作業していきます。

FRM3を正常に書き換えできたので、現車に取り付けて確認。
(現車のデータを元に修正しているので、取付後はコーディング等の作業は基本的には不要です。)

画像取り忘れましたが、正常に動作するようになりました♪

FRM/FRM2の故障は中古or新品で修理。
FRM3の故障は故障状況により現物修理 or 中古 or 新品で修理の3パターンでの修理となると思います。

FRM3の現物修理対象の故障の場合は、車両もしくはFRM3の現物をご予約の上持ち込んでいただければ、最寄りのコーヒーショップでお待ちいただいている間に復旧可能です。

ご依頼ありがとうございました。

あとはこの作業で使うラップトップがいつまで動作するか…><
ですかね(笑)

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.