トップページ > コーディングに関する注意事項

コーディング施工に関する注意事項

これらの注意事項をご理解・ご納得の上、作業をご依頼ください。
作業依頼=「注意事項に同意された」という事になります。


①メニューに記載のコーディング内容は、対応車種にすべて対応できるとは限りません。年式・搭載されているモジュールのプログラムバージョン等により、お客様のお求めになるものができない場合もございます。

②コーディング作業で設定変更したことによる不具合(ディーラーへの入庫拒否等)に関しては当店は一切責任は負いません。また、新車保証期間中又は延長プログラムに加入している場合、ディーラーによっては保証対象外になる場合がありますのでご注意ください。

③コーディングした内容の設定を元に戻す場合も費用が発生します。ダブルブリンクハザード等の車検非対応項目をご依頼の際には特にご注意ください。

④コーディング施工後(コーディングが成功した時点)のキャンセルは不可です。車両引き渡し前であれば元の設定へは無料で戻しますが、成功したコーディングに対しては料金が発生します。

⑤施工後、車両の動作確認をして頂き、その時点で不具合等が確認されなかった場合、車両を引き渡し後のクレーム・不具合等は一切お受けいたしません。また、意図的に触らない限り、勝手にコーディング内容が変わることもありません。バッテリー外しても問題ありません。引き渡し時は問題なかったけど突然おかしくなった。という事は絶対にあり得ません。その為、車両引き渡し時にはしっかりと動作確認してください。その時点で不具合がある場合は修正します。よろしくお願いいたします。

⑥最新の車両データを使用してコーディングをしていますが、年式・モデルにより当店のマシンではコーディングできない場合もあります。その点ご了承ください。

⑦データを吸いだす際に、エラーを吐いて読み出せない車両が極稀にあります。その場合はコーディングできません。

⑧モジュール交換・ディーラー等にてプログラムをアップデートされた場合、交換・アップデートされたモジュールにより、コーディングで変更した設定がデフォルト(工場出荷時状態)に戻ってしまう場合があります。再設定には通常料金が発生しますので、ご注意ください。ディーラーには一言言ってもらう事で回避できる場合もあります。


コーディング作業のご依頼はこちらのオーダーフォームよりご依頼ください。