トップページ > サービス > BMWリフレッシュ・カスタムメニュー > 中古SGM-SIM載せ換え For E6x

中古SGM-SIM(セントラルゲートウェイモジュール)載せ換え・
                  交換作業 For E6x系

ワイパーが動かない/勝手に動く。エアバッグ警告灯が点灯する。などの不具合によりSGM-SIM(セントラルゲートウェイモジュール)交換診断された際、中古のSGM-SIMユニットを使用して修理するのがこちらのメニューとなります。

ディーラーや一般的なBMW専門店での修理は、中古のユニットを使用しての修理が技術的に不可能なため40万円オーバーの高額新品修理となりますが、当店であればよりリーズナブルに修理(復旧)することが可能です。

当然、ポン付け不可です。

対象作業ブログ

中古部品の持ち込み/中古ユニットでの修理についての注意事項

■作業コード:SGM_REPLACE

SGM-SIM本体の交換作業、中古SGM-SIMを使用するにあたり必要な作業一式(工場出荷時の正常な状態に復元※)の作業が含まれております。

※購入された中古のSGM-SIMが故障、SGM-SIM以外にセイフティーシステムに異常がある場合、エアバッグ警告灯は消えません。

=対象=
〇中古部品の特性を理解できる方。
〇中古部品ので修理という事を理解できる方。
〇現車を当店まで持ち込める方

=備考=
○SGM-SIM本体代は含まれておりません。また、現物修理ではありません。
〇中古のSGM-SIM本体は持ち込みのみ。購入予定先にて適合確認を行ってください。
○コーディングに関する注意事項はこちらのコーディング施工に関する注意事項をご一読ください。
〇購入された中古SGM-SIM本体に不具合があり機能が復活しない場合も工賃(定価の80%+Tax)が発生します。
〇SGM-SIM本体以外にも不具合がある場合、こちらのメニューだけでは復旧しません。
〇SGM-SIMが正常になり、新たなセイフティシステム異常が検出された場合も、検出された異常を修理しないと警告灯は消えません。