トップページ > サービス > BMWリフレッシュ・カスタムメニュー > 中古CCC載せ換え

中古CCC載せ換え(交換)

ナビ(i-drive)がブラックアウトや再起動を繰り返す等の不具合が発生し、CCC本体の故障で新品交換しか方法が無い。とBMW正規ディーラーや当店で診断された方向けの作業となります。

当店であれば中古のCCCを用いてのi-drive復旧作業が可能です。
中古部品さえ安く入手できれば新品交換よりリーズナブルにi-driveを復旧させることが可能です。(ポン付けでは完璧には動作しません)

中古のCCCをご購入の上、作業予約後、当店へ持ち込みしてください。

こちらの作業は平日のみの対応となります。

中古部品の持ち込み/中古ユニットでの修理についての注意事項

■作業コード:CCC_REP
・CCC本体の交換作業
・現車に合わせて適合化処理(プログラムデータの書き換え) ※1
・載せ換え作業後のコンピューター診断+ディフェクトエラー消去

が、含まれております。

※1:後からコーディングにより機能を追加(Audio AUX等)した車両は、別途該当項目を変更するのに別途、追加料金が発生します。

※2:CCC+CICコントローラーという仕様が存在する車両(E6x系)は、購入されたCCC本体によってはコントローラーが操作不能となる場合があります。その場合、標準作業(作業コード:CCC_REP)だけでは完全動作は不可能です。別途追加作業(作業コード:CIC_CON_E60)が必要となります。追加費用を抑えるためにも、CCC購入の際には極力同年式でi-driveの仕様が同じ物を購入してください。後期モデルの方は要注意です。

=対象=
中古部品の特性、中古部品ので修理という事を理解できる方。
(例えば交換後すぐに壊れた・購入元は壊れていないと言っていたが実は壊れてた。等)

中古品は安く直せますが、それなりのリスクが発生します。

上記のような“中古部品を使って直す”という事のリスクなどを理解できない方は、安いからという理由での中古品での修理は絶対にお勧めしません。BMW正規ディーラーにて新品のCCCにて交換修理を行ってください。

中古部品の寿命は短命かもしれませんし、長命かも知れません。。。
こればかりは当店にも分かりません。オーナー様の運次第。

=注意事項=
○CCC本体代は含まれておりません。
〇中古のCCC本体は持ち込みのみ。当店では準備致しません。
どれを買えばよいのかわからない方は、同じ年式or近い年式の同じシリーズ(5シリーズなら5シリーズ用 グレード・ボディー形状は違いは気にしなくて良い)のCCCを購入ください。ただし、Pre-LCIとLCIではパネル形状が異なるモノもあるため、形状が適合する物を購入してください。パネル形状が違うと物理的に取り付けできません。
〇あまりに年式が離れすぎていたり、CCCにCICコントローラー仕様(その逆も然り)だったりしますと、基本作業(作業コード:CCC_REP)をしてもコントローラーが正常に動かない物があります。その場合、追加作業+費用(作業コード:CIC_CON_E60)が発生します。E60/63系の後期車は特にご注意ください。(参考ブログ
〇エアコンの吹き出し口にドリンクフォルダー・芳香剤など取り付けられている方は、事前に外しておいてください。
○コーディングに関する注意事項はこちらのコーディング施工に関する注意事項をご一読ください。
〇持ち込んでいただいた中古CCC本体に不具合がありi-driveが復活しない場合も工賃(定価の80%+Tax)が発生します。
〇持ち込んでいただいた中古CCC本体に不具合(例えばシリーズ違い等)がある場合、完璧には復旧しない場合もあるかもしれません。
〇CCC本体以外にも不具合がある場合、こちらのメニューだけでは復旧しません。