「E6x系 SGM-SIM交換」カテゴリーアーカイブ

E65 エアバッグ警告灯点灯→中古モジュールにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

エアバッグ警告灯が点灯したE65です。
故障個所は事前にディーラーでチェック済みですので、交換用中古モジュールは本作業日までに準備していただきました。

このモジュール、E65/66系だとよく壊れますよね…。

『部品が届いた。』と言う事で、交換作業開始です。

BMW E65 エアバッグ警告灯点灯→中古モジュールにて交換修理



今回の作業コード:SGM_REPLACE

ではさっそく、作業を進めていきます^^

まずは現状確認のために、キーON!!


こっちにも。

うんうん。
ちゃんと警告出てますね。

ブログのために(?)、当店でも一応診断機に通してみます。

はいはい。
お問い合わせいただいたときの通りに、ちゃんとSGM-SIMのエラーが出ていますね。


こちら(↑)が持ち込んでいただいたSGM-SIM。

これを使って載せ替え作業をしていきます。
オーナーさんに大切にされて、愛情いっぱい育てられているのE65なので素直な子♪

(シートベルトもバックルに刺した状態なので、シートベルト警告灯も消えています)


素直な子なので、あっという間に載せ替え作業完了です^^

ばっちり。
オーナーさんと一緒に動作確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございましたm(__)m

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E66 エアバッグ警告灯 SGM-SIM故障→中古ユニットにて交換修理

こんにちは。埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

以前、エアバッグ警告灯が点灯しているので、一度車両を診てほしい。という事でご相談をお受けしていた“E66”です。

その際、E65-66では割とよくある“SGM-SIM”の故障と判明。これは当店ですと中古ユニット交換でしか対応できません。(新品ユニットでの交換はディーラーでも作業できますので、新品をご希望の方は最寄りのディーラーへ^^)

その逆に、中古ユニットの再使用は、ちょっと特殊な作業を行わないと、同じ車種だとしても他車には使用できません。当然ディーラーでは作業できません。

という事で、ビックリするくらいの格安でユニットが手に入った。との連絡がありましたので、作業日を決めて交換作業です。

BMW E66 エアバッグ警告灯 SGM-SIM故障→中古ユニットにて交換修理



今回の作業コード:SGM_REPLACE

エアバッグシステムのどこか一部に不具合があると、こんな画面が。

この画面が出たから、今回のブログの不具合が原因。とは限りません。毎度毎度書いていますが…。

まずは、こちらの作業メニューをお受けいただき、原因を明確化する必要が必ずあります。

入手された中古のSGM-SIMを受け取り、サクサクっと作業を進めていきます。

壊れているSGM-SIMを取り外し、中古SGM-SIMを取り付けです。

あとは、移植後に100%の確率で起こる拒絶反応を「お前はこの車のユニットだ~~」と5円玉で催眠術をかけてあげると、拒絶反応が収まり、正常動作してくれるようになります♪



バッチリ♪

メーターパネル上もエアバッグ警告灯のインジケーターも消えて…

シートベルトをすると、ちゃんとシートベルト警告灯も消灯。

最後にコンピューター診断に通して、オーナーさんと一緒にエラーログが残っていないことや、エンジン始動の際に正常にインジケーターの点灯→消灯が行われることを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E60 エアバッグ/ゲートウェイモジュール(SGM)故障→中古ユニットにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

エアバッグ警告灯(セイフティシステム異常)が点灯しているE60です。エアバッグ警告灯の点灯原因は色々あるため、BMW正規ディーラーと同じコンピューター診断機を用いて点灯原因(故障箇所)の確認、修理しないとムダ金となります。ネット情報やマルチの診断機での判断ではお金をドブに捨てる事になりえます。今回はエアバッグ/ゲートウェイモジュール(SGM)が故障しているとBMW正規ディーラーで診断されていますので、中古ユニットにて交換修理していきます。

BMW E60 エアバッグ/ゲートウェイモジュール(SGM)故障→中古ユニットにて交換修理

本来であれば本作業前に一度ご来店いただき、コンピューター診断をお受けいただき、警告灯の点灯原因を元に修理方針&費用などをお話しするのですが…


今回もちょこっと遠方の方でしたので、当店へ入庫前に地元のBMW正規ディーラーでどこが壊れているのか、コンピューター診断等をしていただき明確化していただきました。


送っていただいたBMW正規ディーラーでの修理見積書です。

今回の故障の場合、修理費用は約63万円ですね。
よくある金額帯の修理費用ですね^^

って、見積書の修理金額はどうでもよくて…

セーフティゲートウェイモジュールユニットエラー  ユニット交換が必要。と原因&処置が書かれています。

見積書の中で一番重要な2行(↑)。テストに出ますよww
これをしっかりと確認したかった。

という事で、オーナー様にはご自身で中古ユニットをGETしておいていただき、部品が届いたところで購入された中古ユニットを持ち込んで頂き、交換作業開始です。

↑車両に付いてたぶっ壊れたSGMと中古のSGM

他が壊れていて作業に支障が出ると嫌なので、BMW正規ディーラーを信じていない訳ではないですがとりあえず。。。

見積書の修理内容は正解のようですね。これさえ交換すればセイフティシステムは正常動作しエアバッグ警告灯は消えます。

ただし!!正常なユニットに載せ換えたことで、セイフティシステムとしてちゃんと自己診断ができるようになり、壊れているユニットでは検出できなかった新たな不具合を検出される場合もあります。その場合、故障箇所によっては、新たに検出された故障箇所を修理しないと警告灯が消えない場合もあります。

載せ換えして、事前に準備したプログラムを中古ユニットに再インストール。その後、中身を現車に合わせて調整。

すると、他車から持ってきた不適合のユニットも正常動作をし始めて…
電源ONで警告灯点灯→自己診断後不具合なければ消灯。当たり前ですが消灯しています。
「シートベルトをしてください」との事ですので、シートベルトをしてあげると…
シートベルトの警告は消えます。

今回はその他セイフティシステムに故障はなく、無事壊れる前の正常状態に戻りましたね♪

『バッテリー交換しても大丈夫?(バッテリーを外して電気が遮断されても大丈夫?)』という心配のご質問もいただきますが、プログラムや設定が勝手におかしくなることは絶対にありません。意図的に誰かが設定を変えた(コーディングした)とかは別ですが。

また、プログラムや設定等にミスがあったりオカシイ場合、しょっぱなから正常動作しませんし、エアバッグ警告灯も消えません。

その為、しばらくしたらエアバッグ警告灯が再点灯した。なんて場合、上記のようなプログラムや設定のミス等のソフト系ではなく、下記のようなハード的故障が考えられます。

①他のセイフティシステム構成部品が新たに壊れた

②購入した中古ユニットが壊れた
→こればっかりは中古ユニットなのでいつ壊れるかは分かりません。中古ユニットでの修理のリスクですかね。

③車両の電気系統に不具合がある

④その他

どのパターンにしろ、診断機を通してエラー内容を確認してみないと何が原因で警告灯が点灯しているのかわかりません。

という事で、オーナー様に診断機にセイフティシステム関係のエラーが一切ない事を確認いただき、エアバッグ警告灯(シートベルト警告灯含む)も正常に動作している事を確認していただき作業完了です。

今回の修理費用は、ディーラー見積額の1/10程度で済みました。

ご依頼ありがとうございました。

新品ユニットでの交換修理は当店にもディーラーと同じプログラミングマシンも完備していますので可能は可能ですが、当店でなくてもできる新品ユニットでの交換修理作業は、最寄りのBMW正規ディーラーにてお願いいたしますm(__)m

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。

(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto