E70 アクティブステアリングユニット故障→中古ユニットにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

アクティブステアリング、DSC、バックカメラ異常、4×4四輪駆動システムエラーにてディーラーに診断をかけてもらいましたがALユニットが反応無しとの事で修理代も高額の為、中古で売っているALユニットに交換できるかの相談と交換できるなら作業を。という事で、中古のアクティブステアリングユニットを使用しての交換修理のご依頼です。

BMW E70 アクティブステアリングユニット故障→中古ユニットにて交換修理


今回の作業コード:ACTIVE/S_MOD & ACTIVE/S_INIT

モニターやメーター上も賑やかな状態です。。。

という事で、まずは初診としてのコンピューター診断です。

エラーログの数もさることながら、アクティブステアリングユニットも赤色で応答なし。の状態です。

診断機さん上にもアクティブステアリングユニットとの通信に障害があります。と表示されます。

という事で、、、
現車に付いている壊れているユニット本体をお持ち込みいただいた適合する中古のアクティブステアリングユニットに交換していきます。

E70の場合、ユニットそのものの交換は当店でも作業可能(時間的/作業工数的な話)ですので、壊れたユニットを付けたままご来店いただければ大丈夫です。少しでも工賃を節約したい人はユニットの場所をご自身で調べてDIYで交換後にご来店ください(笑)。

E60系は交換に時間がかかる&パワー系なので一人では作業が厳しいのでユニットそのものの交換作業は不可ですw
交換後にご来店ください。

左:持ち込んでもらった中古のアクティブステアリングユニット
右:現車に付いていた壊れたユニット

ちゃんとアクティブステアリングユニットと通信できて、中古ユニット載せ替えで起こる“シャシーナンバーの比較”のエラーが残っています。

あとはいつものように必要な作業をサクサクっと行って…

ALユニットはグリーンになり…

ご依頼されていたアクティブステアリング系のエラーはバッチリ解消。(当然メーターパネル上のステアリング警告灯も消えています)

ただ、舵角センサーの内部故障のエラーログ(作業時には正常状態→エラー消去でログは消える状態)が残っていたのが気になりますが…(これに不具合が起こると当然アクティブステアリングは機能停止しエラーが表示されます)

4駆のエラー等が残っていますが、車両引き渡し前にオーナーさんと診断機の画面や動作など一緒に再確認して、ご依頼の中古アクティブステアリングユニットを使った載せ替え修理作業は完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

MINI R60 社外LEDテール(尾灯)交換後の不具合対応

こんにちは。埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

某オクに売っている社外LEDテールに交換したら、エンジン始動時のフラッシング&球切れ警告、ハイフラなど発生したので、車検に適合するように直してほしい。

というご依頼です。

BMW MINI R60 社外LEDテール(尾灯)交換後の不具合対応

今回の作業コード:BMW_CODING

現状を確認後、LED化した際に発生する不具合が出ないようにLED仕様へと車両情報を書き換えです。

作業完了後、オーナーさんと一緒に引き渡し前の最終動作等行い問題ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

なお当店では、“社外テール”&“社外ヘッドライト”への交換は一切行いません。(製品レベルが低く、耐久性・見た目・水漏れなど車両に重大なダメージを与える可能性が非常に高いので扱いたくない。車両を壊す確率が高いモノをわざわざ車両に付けたくない)

社外ヘッドライトや社外LEDテールを取り付け後に発生する不具合(エンジン始動時のフラッシング解除等)の対応をご希望の方は、取り付け後にご予約ください。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E90 (320i) 純正シートヒーター機能ONコーディング後の不具合修正

こんにちは。

埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

トランクはちゃんと閉まっているのに動き出すと“トランクフードオープン”の表示が出る。という事でDIY好きのある意味リピーターさん(笑)のご来店です。

で、題名で何が原因だったかネタバレなんですが…(笑)

BMW E90 (320i) 純正シートヒーター機能ONコーディング後の不具合修正


今回の作業コード:ERR_CHK+α

事の流れは…
2021年9月にDIYで運転席+助手席をシートヒーター内蔵のパワーシートに交換

アクティブヘッドレスト異常が出るので出ないように修正、合わせて助手席のパワーシート+シートヒーターが動作しないので診てほしい。

という事でご来店。

エアバッグ警告灯の点灯原因のアクティブヘッドレストの方は問題なく解決。

助手席シートの方は色々問診させてもらった結果、“動かなくて当然”な状態でしたので、必要なヒントをトスして終了。(DIYは自分で調べて情報を精査して作業するのも楽しみですからね。楽しみは奪いません♪)

その後、連絡なかったのでうまくいったのかな?って思っていたのですが、年明けて数か月後。

動き出すと毎回『トランクオープン』の警告が出る。この状況について、先ずは、ハード上の問題と想定して、純正トランクロックアクチュエーターを入手し交換をしてみましたが状況は変わりません。また、トランクロックアクチュエーターと接続相手のJBE間のワイヤー断線の有無を確認しましたが、これも問題ありません。これらからは、ハードとしてはトランクを含むドア類の検知を統括しているコンピューター側の不具合とも考えられますが、ドア類の中でも異常動作はトランクだけなので、当方としては、ハードでなくソフト上の問題という気がしています。以上のような状況ですが、一度見ていただけないかと思っております。(オーナーさんのメールのコピペ)

とのことで再度ご来店です。

↑問い合わせ時にオーナーさんからのメールに添付されていた画像を拝借^^


まずはコンピューター診断。


結果、JBEの所にある“ZVモーター”関係が犯人ですね。


この画像でおかしなことに気づいた人はすごいです^^

で、この診断結果を元にオーナーさんに問診開始!!

関係ありそうなところは部品交換、断線していないかも確認済み。とのことですし、この画面で何となく原因はわかったので、“仮説”を崩せるように『いつから出るようになった?』など、ちょっと突っ込んだ話。

他店でシートヒーター機能をONにする作業してもらったそうで、シートヒーターのコーディングをしてもらった後くらいからかな。とのこと。
(最初はアクチュエーターが壊れたり断線したりしたのかな?と思って特に気にしなかったみたいです)

でしょうね・・・。
問診+診断結果を元に建てた仮設と合いますww

という事で、車両のデータを吸い出してチェック。
仮説通りの内容をちゃんとやらかしてくれていて、複数のモジュールがこの車には不適合な内容のデータがコーディングがされていました♪

確認できましたので、原因が確定しました。
簡単に原因究明できて判ってよかったです^^

純正シートヒーター機能ONコーディングをする際にやらかしたところの複数モジュールのデータをこの車に合うように色々修正して再度コーディング。

シートヒーター機能ONの際にある意味やっちゃいけない要らない事しちゃっているので「トランクオープン」の問題以外にも問題がありそちらは元に戻しきれないところもありますが、車体番号を使ってサーバーからダウンロードした情報を元に戻せる限り元に戻します。


〇シートヒーター機能→OK
〇動き出してもトランクオープンの警告は出ない
(ホントにオープンしている時は警告)

シートヒーター機能ONする為のコーディング後に発生していた不具合に関して、完治したことをオーナーさんと一緒に確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.