「E39」カテゴリーアーカイブ

E39後期 ヘッドライト光軸調整ロッド交換

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回はE39後期のヘッドライト光軸調整ロッド破損による光軸調整不可→つまり車検NG。

という事で、光軸調整ロッドの交換作業です。

BMW E39後期 ヘッドライト光軸調整ロッド交換

こちらの車両、ナンバープレートの通り、本当に札幌から自走でお越しくださいました♪

当店へのご来店、最北端ラインの更新です。

午後には帰路につかないと…という事でしたので、開店と同時にご来店いただき、早速作業開始です。

大切(綺麗)にされている車両は、ホントサクサク作業が進みます。

今回は左右のヘッドライト共に、光軸調整ロッドを交換していきます。
古いのを摘出して、新しいのを組み込んでヘッドライトを車両に取り付け。

動作確認したら作業は終了です。

E39後期の純正ヘッドライトは、一部の国向けのヘッドライト以外は非分解(から割り作業無し)・非切開で交換作業が可能です。から割りすると、いくら再度シーリングしても水が侵入する可能性が増えますからね。

たまに、某国向けのヘッドライト光軸ロッド交換修理が入ってい来るのですが、その場合はちょっと違うアプローチをしていかないといけません><

修理完了後、コーディングのご相談やM54エンジン、E39についてのマニアックなお話し。ディーラーや地元ではこんなマニアックな話はできない。と喜んでおられました♪

当店はこだわりのあるマニアックな方ばかりですので、オーナーさんとお話しするのがとても楽しいです。

という事で、ご依頼の作業であるヘッドライト光軸調整ロッド交換とコーディング、そのあとの楽しい楽しいE39トークをたっぷり。

正午前には帰路に着いていただけました。

やっぱ、車両を大切にされている方とのお話しはとても楽しいですね♪

遥々お越しいただき、誠にありがとうございました。

こちらのメニューは現物修理可能(ただしロッド以外が壊れている場合は修理不能)、かつ、ヘッドライトのみを送っていただければ修理作業ができる作業メニューとなります。

遠方の方もお気軽に作業ご依頼ください。
宅急便での場合、発送日含め最短3日(発送→到着→修理→修理代ご入金&着金確認→返送)でお手元で戻ります。

車両持ち込み、もしくは、ヘッドライト単品での持ち込みの場合、1~2時間程度で修理可能です。

注意事項として光軸調整ロッドを交換した後は、光軸が狂っております。ディーラーや光軸調整テスターを持っている修理工場や車検場の近くにあるテスター屋さん等で光軸調整を行ってください。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。

(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E39 LCM(ライトチェックモジュール)交換 【LCM3→LCM4】

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

E39で、安全&確実&法規適合(ディーラー入庫&車検OK)に各所LED化するには、この手法しかありません。

BMW E39 LCM(ライトチェックモジュール)交換 【LCM3→LCM4】


“球切れ警告キャンセラー”とか“ハイフラ防止抵抗”とか付けて誤魔化す・・・。

どうしようもない場合の最終手段で、最初っからこれで対応しよう。なんて、アンチキャンセラー派の当店ではありえません。

何よりキャンセラーを付けたことで車両発火の可能性もありますしね。危険すぎです。

という事で、冒頭でも記載した通りE39の各所LED化は、邪道なキャンセラーを使うのではなく、正統派の対応でLCM(ライトチェックモジュール)を各所LED化に対応したモジュールに載せ換えます。

左:元々付いてたLED非対応(部分的に対応)
右:完全にLED対応

モジュールを載せ換えた後は当然、拒絶反応(笑)
メーター上にはトリップの脇にドット。

E39だけでなく、BMWはこのドットが点灯している車両は購入しちゃだめですよ~。載せ換えたモジュールによっては、後々色々大変ですので><

自分で色々調べて、お金と時間と手間をかけてDIYで攻略していく!という楽しみがある人は面白い車いじりができると思います♪

話を戻して…
E39乗りにはわかると思いますが、通常ライトONでは点灯しないブレーキランプも点灯(笑)。

早速、現車に合わせて適合手術をしていきます。
メーター上にあった“ドット”も消えて…
ライトONしてもブレーキランプも点灯しなくなりました。

あとは、モジュール自体が壊れていないか診断機通して、動作確認。(モジュールを正しく設定した後でないと壊れているかどうか判断できません)

オーナー様と一緒に再度動作確認して、問題ない事を確認して作業終了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E39 フォグランプのHID化

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回はフォグランプをHIDにしてしたい!という事で、こちらの作業です。BMWのフォグランプは光軸調整も可能(上下のみ)ですので、ノーマルバルブからHIDに交換する事で、かなり明るく使えるフォグランプに変身させることが可能です。

HID化は夜走行されることが多い方にお勧めです。

BMW E39 フォグランプのHID化

まずはHIDキットを組付けて行きます。

制御しているコンピューターの設定データをHID仕様へと書き換えて対応していきますので、球切れキャンセラーやバッ直リレーハーネスなど、余分な物は一切不要です。

今回取り付けるHIDキットはこちら(↓)。
オーナーさんの持ち込み品。
空焼き後組み込みます。

悪天候時に役立つイエローです^^

キャンセラーなど余分な物は一切取り付けずにHIDキットを取り付けていますので、こんな表示もちゃんと出てきます^^
“CHECK FRONT FOGLAMPS” フロントフォグの球切れ。

最後の仕上げとして車両のデータを書き換えてきます。

フロントフォグランプの仕様をノーマルバルブ仕様→HID仕様に書き換えすると…
球切れ警告も出なくなります。

キャンセラーを使用すると、点灯中、本当に球切れした際も球切れ警告は出ませんが、車両の設定データをHID仕様へと書き換えした場合、該当ランプを点灯中に本当に球切れ(不点灯)した場合は、ちゃんと警告を出してくれます^^

ヘッドライトの純正HID仕様と同じ動きとなります。

ノーマルバルブからHIDに交換後、点灯中チラつきや、片側だけ点灯後消えちゃう。など不具合もHID仕様へとデータの書き換えで直る場合もありますので、HIDに交換後不具合がある方はHID仕様へとデータ変更されることをお薦めします。お気軽にご依頼ください。

ただし、バラストやバルブに不具合がある場合、データを書き換えしても直りません。

ご依頼ありがとうございました。

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto