「中古アクティブステアリングコンピューター現車適合化処理/初期化」カテゴリーアーカイブ

E70 アクティブステアリングユニット故障→中古ユニットにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

アクティブステアリング、DSC、バックカメラ異常、4×4四輪駆動システムエラーにてディーラーに診断をかけてもらいましたがALユニットが反応無しとの事で修理代も高額の為、中古で売っているALユニットに交換できるかの相談と交換できるなら作業を。という事で、中古のアクティブステアリングユニットを使用しての交換修理のご依頼です。

BMW E70 アクティブステアリングユニット故障→中古ユニットにて交換修理


今回の作業コード:ACTIVE/S_MOD & ACTIVE/S_INIT

モニターやメーター上も賑やかな状態です。。。

という事で、まずは初診としてのコンピューター診断です。

エラーログの数もさることながら、アクティブステアリングユニットも赤色で応答なし。の状態です。

診断機さん上にもアクティブステアリングユニットとの通信に障害があります。と表示されます。

という事で、、、
現車に付いている壊れているユニット本体をお持ち込みいただいた適合する中古のアクティブステアリングユニットに交換していきます。

E70の場合、ユニットそのものの交換は当店でも作業可能(時間的/作業工数的な話)ですので、壊れたユニットを付けたままご来店いただければ大丈夫です。少しでも工賃を節約したい人はユニットの場所をご自身で調べてDIYで交換後にご来店ください(笑)。

E60系は交換に時間がかかる&パワー系なので一人では作業が厳しいのでユニットそのものの交換作業は不可ですw
交換後にご来店ください。

左:持ち込んでもらった中古のアクティブステアリングユニット
右:現車に付いていた壊れたユニット

ちゃんとアクティブステアリングユニットと通信できて、中古ユニット載せ替えで起こる“シャシーナンバーの比較”のエラーが残っています。

あとはいつものように必要な作業をサクサクっと行って…

ALユニットはグリーンになり…

ご依頼されていたアクティブステアリング系のエラーはバッチリ解消。(当然メーターパネル上のステアリング警告灯も消えています)

ただ、舵角センサーの内部故障のエラーログ(作業時には正常状態→エラー消去でログは消える状態)が残っていたのが気になりますが…(これに不具合が起こると当然アクティブステアリングは機能停止しエラーが表示されます)

4駆のエラー等が残っていますが、車両引き渡し前にオーナーさんと診断機の画面や動作など一緒に再確認して、ご依頼の中古アクティブステアリングユニットを使った載せ替え修理作業は完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E64 アクティブステアリング異常→中古コンピューターで修理後の現車適合化&初期化

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

常連様の某ショップさんからご依頼で、アクティブステアリング異常でコンピューター交換が必要になったE64です。アクティブステアリングコンピューターそのものの交換は適合するモノですでに交換済みの状態でのバトンタッチです。

BMW E64 アクティブステアリング異常→中古コンピューターで修理後の現車適合化&初期化

今回の作業コード:ACTIVE/S_MOD & ACTIVE/S_INIT 

まずはコンピューター診断して、作業するにあたり障害となるものがないかをとりあえず確認。

この時点でアクティブステアリングに“アレ”が出ているともう大惨事です。復旧には相当コストがかかりますw

ですが、今回の車両は特に問題はないので、いつものようにサクサクっと作業を進めていきます。


シャシーナンバーの比較は消えたので、あとは“ACTIVE/S_INIT”の作業をすれば…

バッチリ。
最後に試走して、問題ないことを確認。

ご依頼主さんにも動作チェックしていただき、問題ないことを確認してもらって作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E60 アクティブステアリング故障→中古アクティブステアリングユニットにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

ぶっ壊れると間違いなく高額修理になる“アクティブステアリング系”の修理です。

今回はその中でも一番高額修理となるであろうコントロールユニットの故障です(涙)。

という事で、ご近所のショップ様からの作業の依頼です。

すでに中古のアクティブステアリングコントロールユニットに交換された状態で当店の方へバトンタッチしてくださいましたので、作業はサクサクっと進めていけます♪

E60 アクティブステアリング故障→中古ユニットにて交換修理

中古のアクティブステアリングコントロールユニットを使っていますので、上図のように“シャシーナンバーの比較”でエラーを吐いてしまい移植後の拒絶反応を示します。通常はこれ以上どうしようも手の出しようがありません。

これはアクティブステアリングコントロールユニットに限らず、他のユニットでも同様な状況になります。それが中古ユニットが使えない。と言われている理由の一つです。

という事で、“君は○○という車体のコントロールユニットなんだよ”と事前に準備した秘密の呪文と共に、数秒間優しく語りかけ諭してあげます。

すると…
納得してくれたようで移植後の拒絶反応もなくなり、初期化エラーのみが残ります。

エラーがまだ残っていますので、この時点ではアクティブステアリング異常のエラー(ハンドルマークの黄色い警告灯)は消えません。当たり前ですね^^

ハンドルも変な位置で車両が直進します(笑)

という事で、あとは初期化してあげればOK牧場です。
無事初期化完了。

これがハンドルマークの黄色い警告灯の他に、DCS警告灯(△に!マーク)が点灯していると、場合によってはちょっと厄介です。

この作業は前提条件として…
SZLやDSC等、関連ユニットにエラーがない事が挙げられています。作業前のエラー消去で一時消えるかも知れませんが、初期化作業中にエラーを吐くと、エラーを吐いている内容によっては初期化すらやらしてもらえない(途中で強制終了させられる)場合もあります。

今回は他のユニットは正常でしたので、エラーも消えて、ハンドルも軽くなり、ハンドルの直進位置もバッチリ!!!

ショップさんと交互に試乗&動作確認して修理完了です♪

アクティブステアリングユニットその物の交換は結構大がかりになりますので、一人で作業している当店では作業不可です。中古ユニットに載せ換え後、ご予約のうえご来店ください。

こちらの作業は…
①どのユニットを買えば良いかご自身で判断できる方(適合等)
②付いている場所を把握していてユニットを載せ換えできる方
③中古部品という特性を理解できている方

向けの作業内容となります。

できない人はディーラーへGo!!して、保証がある新品部品にて交換修理してください。

中古でリーズナブルに直すというのは、それなりのリスクとオーナー様ご自身にも動いていただく必要があります。

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto