「■ BMWカスタム・リフレッシュメニュー」カテゴリーアーカイブ

E70 アクティブステアリングユニット故障→中古ユニットにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

アクティブステアリング、DSC、バックカメラ異常、4×4四輪駆動システムエラーにてディーラーに診断をかけてもらいましたがALユニットが反応無しとの事で修理代も高額の為、中古で売っているALユニットに交換できるかの相談と交換できるなら作業を。という事で、中古のアクティブステアリングユニットを使用しての交換修理のご依頼です。

BMW E70 アクティブステアリングユニット故障→中古ユニットにて交換修理


今回の作業コード:ACTIVE/S_MOD & ACTIVE/S_INIT

モニターやメーター上も賑やかな状態です。。。

という事で、まずは初診としてのコンピューター診断です。

エラーログの数もさることながら、アクティブステアリングユニットも赤色で応答なし。の状態です。

診断機さん上にもアクティブステアリングユニットとの通信に障害があります。と表示されます。

という事で、、、
現車に付いている壊れているユニット本体をお持ち込みいただいた適合する中古のアクティブステアリングユニットに交換していきます。

E70の場合、ユニットそのものの交換は当店でも作業可能(時間的/作業工数的な話)ですので、壊れたユニットを付けたままご来店いただければ大丈夫です。少しでも工賃を節約したい人はユニットの場所をご自身で調べてDIYで交換後にご来店ください(笑)。

E60系は交換に時間がかかる&パワー系なので一人では作業が厳しいのでユニットそのものの交換作業は不可ですw
交換後にご来店ください。

左:持ち込んでもらった中古のアクティブステアリングユニット
右:現車に付いていた壊れたユニット

ちゃんとアクティブステアリングユニットと通信できて、中古ユニット載せ替えで起こる“シャシーナンバーの比較”のエラーが残っています。

あとはいつものように必要な作業をサクサクっと行って…

ALユニットはグリーンになり…

ご依頼されていたアクティブステアリング系のエラーはバッチリ解消。(当然メーターパネル上のステアリング警告灯も消えています)

ただ、舵角センサーの内部故障のエラーログ(作業時には正常状態→エラー消去でログは消える状態)が残っていたのが気になりますが…(これに不具合が起こると当然アクティブステアリングは機能停止しエラーが表示されます)

4駆のエラー等が残っていますが、車両引き渡し前にオーナーさんと診断機の画面や動作など一緒に再確認して、ご依頼の中古アクティブステアリングユニットを使った載せ替え修理作業は完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E87 ( 116i ) 中古ABSユニットでの載せ替え修理後の現車適合化処理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

ABSユニットが故障した。
という事で、中古ABS(DSC)ユニットにてASSY交換されたE87(116i / 直4)です。

ABSユニットそのものの交換はブレーキラインの脱着が必要な為、当店では作業不可です。E39後期のようにコンピューター部分のみ交換可能な場合は交換作業可能な場合あり。

BMW E87 ( 116i ) 中古ABSユニットでの載せ替え修理後の現車適合化処理

今回の作業コード:ABS_RECODE_BOSCH

中古ユニットをポン付けでは当然正常動作しませんので、ちゃんと警告灯も点灯していますね。

現状確認すると…
恒例のやつですね。
では早速サクサクっと作業開始♪


はいOK。素直な子です^^


最後に一緒にエンジン始動してメーターパネルの警告灯が消えている事、診断機で現車適合化処理の作業前に検出された異常が検出されていない事を一緒に確認して作業完了です。(サイドブレーキを引いているのでブレーキ警告灯は点灯しています)

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E63 M6 (後期) ダイナミックダンパーエラー(EDC)のキャンセル

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

車高調に変更後、“ダイナミックダンパーコントロール異常”の警告が毎回出て鬱陶しいので、でないようにして。というご依頼です。

BMW E63 M6 (後期) ダイナミックダンパーエラー(EDC)のキャンセル

今回の作業コード:M_EDC_CAN

まずは現状確認。

ちゃんとエラー表示されていますね。

では早速、ゴニョゴニョ作業。

“異常なし”になってバッチリ♪

最後にオーナーさんと一緒に動作確認して、問題ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.