2018-2019年 年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

本年も御愛顧ありがとうございました。

誠に勝手ながら2018年12月29日(土)~2018年1月8日(火)までの期間を年末年始休業となります。

【年末年始休業の期間】
2018年12月29日(土) ~ 2019年1月8日(火) 休業

12月28日 18時以降のLINEやお問い合わせフォーム(Eメール含)からのお問い合わせに関しましては、2019年1月9日(水)以降、順次返信させていただきます。

なお、2018年12月25日(火) ~ 12月28日(金)の作業に関しましては現時点、作業枠がほぼ埋まっています。
モジュール(コンピューター)の載せ換え修理などの作業工数がかかる修理に関しましては対応できる作業枠が現時点確保できませんので、年内の修理はお受けすることができません。コーディングやコンピューター診断など、すでに確定している作業予約の合間の時間で対応できる作業(MAX60分程度)のみ今年度中に対応可能です。年内中にどうしてもコーディングやコンピューター診断などしたい!!という方はお早めにお問い合わせください。お急ぎでなければ、年明けにしてもらうとゆっくりとBMWトークもできるかと思います。

=2018年中に対応可能な作業=
■コーディング
■コンピューター診断
■エアバッグ着座センサー断線対応(タイプ1のみ)
■ご予約の合間の時間内で作業完了可能と当方が判断できる作業
※ただし、ご希望の日時に対応できる保証はありません。

今年一年のご愛顧に感謝するとともに、来る年が幸多き一年でありますようお祈りいたしております。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

E83 (X3) 着座センサー断線によるエアバッグ警告灯点灯→エミュレーター対応

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

エアバッグ警告灯→最寄りのBMW正規ディーラーにてコンピューター故障診断。

その結果、“着座センサー断線”という高額修理の診断が下されたE83です。

コンピューター関係&エアバッグシステム関係の修理の際は、正規BMWディーラーにて故障診断され、正規ディーラーの修理見積書が存在する場合にのみ、当店での初診である“コンピューターによる故障診断”は不要です。

人間の病院で言う処の、“他病院からの紹介状”みたいなものですね。それ以外の場合、当店でこのような故障修理する場合は、故障箇所を明確化するために、初診としてコンピューター診断が必要となります。

という事で早速。

BMW  E83 (X3) 着座センサー断線によるエアバッグ警告灯点灯→エミュレーター対応


今回の車両は、文頭にも記載しましたがBMW正規ディーラーにて事前に“着座センサー断線”という故障診断が下されていましたので、エミュレーターで対応していきます。
エアバッグ警告灯が点灯しちゃっていますね。
断線しているので当然ですが・・・。

サクサク&ゴニョニョと作業して…

バッチリ♪

タイプ1のエミュレーターであれば、ある程度在庫はしておりますので、在庫等のタイミングがあえば即日対応可能です。

ご依頼ありがとうございました。

何度も記載しますが…
エアバッグ警告灯点灯=着座センサー断線

ではありませんからね!!!

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E39 後期純正ヘッドライトの光軸調整ロッド交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

E39後期ヘッドライト特有の持病、いつの間にか壊れている“光軸調整ロッド”。

『光軸調整ロッドが壊れているから光軸調整できないので、車検通りません。通すなら、ヘッドライト丸ごと交換です。』と言われたりしてお困りの方も多いのでは!?

という事で、こちら。

BMW E39 後期純正ヘッドライトの光軸調整ロッド交換修理

今回は車両ごとのご入庫です♪

タイラップでどうにかこうにか固定されていました。
頑張りが伝わってきますね。

頑張って固定していたタイラップを外して、ヘッドライトを外していきます。その後、折れた光軸調整ロッドの破片を取り出します。この作業が一番時間かかります><

破片を取り出したら、あとは新しい光軸調整ロッドを組み込みます。
摘出したバキバキに折れたロッド。

新しいロッドを組み込んだヘッドライトを車両に戻して、点灯確認や自動光軸動作を確認して作業完了です。

ご依頼、ありがとうございました。

こちらのメニューは現物修理可能(ただしロッド以外が壊れている場合は修理不能)、かつ、ヘッドライトのみを送っていただければ修理作業ができる作業メニューとなります。

遠方の方もお気軽に作業ご依頼ください。
宅急便での場合、発送日含め最短3日(発送→到着→修理→修理代ご入金&着金確認→返送)でお手元で戻ります。

車両持ち込み、もしくは、ヘッドライト単品での持ち込みの場合、1~2時間程度で修理可能です。

注意事項として光軸調整ロッドを交換した後は、光軸が狂っております。ディーラーや光軸調整テスターを持っている修理工場や車検場の近くにあるテスター屋さん等で光軸調整を行ってください。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto