「修理&メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

E64 セイフティシステム異常(エアバッグ警告灯点灯)修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

今回は、一般的な市販品(ヤ〇オク等で売っている物)では対応できない着座センサーエラーの対応です。この場合、市販品のキャンセラーでの対応は不可となり、BMW正規ディーラーで着座センサーASSYの交換が必要となり車種によりますが8万円~の修理費用となりますが…

BMW E64 セイフティシステム異常(エアバッグ警告灯点灯)修理→着座センサーエラーの修理



今回の作業コード1:ERR_CHK
今回の作業コード2:SEAT_ERR_TYPE4


現車の現状確認です。

↑ちゃんとエアバッグ警告灯が点灯していますね。

モニターにも…

セイフティシステム異常。

では早速。まずはコンピューター診断。
病院に行ってもまずは初診を受けますよね。車もそれと同じです。(車で言うと初診=コンピューター診断)

エアバッグ警告灯が点灯している原因を明確化していきます。
車両には助手席シート着座センサーのログが残っています。間違いなくこれがセイフティシステム異常(エアバッグ警告灯点灯)の原因なのですが…

今回の“着座センサー”のエラーログの詳細をチェックしていくと、100%市販品のキャンセラーでは解除できないタイプでした。(オーナーさんもどこかの業者に修理依頼して市販品のキャンセラーでチャレンジされたようですが直らない。という事で入庫)

という事で今回の着座センサーエラーは、着座センサーエラーにマルチに対応できるTYPE4で対応していきます。あ、今回施工するTYPE4は修理部材のみの販売はしませんので、作業ご希望の方は現車の持ち込みをよろしくお願いいたします。


ちゃんとエアバッグ警告灯も消灯して…



モニター表示も“異常なし”に。

最後にオーナーさんと一緒にエラーが出ない事を確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E63 i-driveのモニターで動画等を観れるように・・・【DIY道場編】

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

今回は・・・
以前、DIY道場で違う作業をした際に、『i-driveのモニターでYouTubeとかAmazonプライムビデオとか観れたりすればいいのにね。』

とおっしゃっておられったので、「今の状態からなら安くできるで~」とお伝えしたところ、やるやる!!という即答がww

という事で、DIY派のオーナーさんでいつもDIY道場(招待制)で色々と作業されている方ですので、オーナーさんのコスト削減のため今回もその流れで。(自分でやってもらえればその分の工賃かかりませんからねww)

BMW E63 (CCC車)  i-driveのモニターで動画等を観れるように・・・【DIY道場編】



やり方等をお伝えしながら、補助で作業をして…



とりあえず、動作チェック。

ちゃんと映りましたね。
『これなら怪しい大陸製のア〇〇〇ロイドナビなんて要らないね。』

っておっしゃってました。確かに・・・(爆)

あとは元通りに内装を組み上げて・・・
オーナーさんと一緒にいつものランチへ(笑)。

今回も楽しい時間、ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E64 i-drive起動せず → 中古CCCにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

i-driveが起動しなくなったBMW E64です。
今回もオーナーさん持ち込みの意匠パネルが適合する中古CCCにて交換修理です。

意匠パネルが適合していないと、物理的に取り付け不可(正確には取り付けできますが、色々と部品交換が出てきてコストがかかります)です。

最低限の費用で復活させる為にも、現車と同じ意匠パネルの中古CCCをGETされる必要があります。

BMW E64 i-drive起動せず → 中古CCCにて交換修理


今回の作業コード:CCC_REP

持ち込みされた中古CCCが壊れていない事を願いながら、物理的な交換をしていきます。



とりあえず正常に起動はしました。

起動しないと必要な作業(現車に合わせて各所書き換え)ができませんので、第一段階はクリアですね。

ポン付けでは正常に動作しませんので、中古CCCを現車に合わせて複数ユニットを書き換えします。

ゴニョゴニョ作業して各所確認。

CCCユニットが壊れて一番困るオイルレベルのチェックの画面。

これで簡易オイルレベルチェックもOKですね。

って今回の車両のエンジンはN62でオイルディップスティックが付いている(実際のオイルレベルはスティックで確認)ので、実際にはそんなには困りはしないのですが(笑)

一通りチェックを終えて問題ないことを確認して…

最後にオーナーさんと一緒にもう一度最終確認。
問題ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.