mercury-auto のすべての投稿

E61 BMW純正 ipodインターフェース取付け

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

前車E60で使っていた“ipod インターフェース”を乗り換えたE61に付けたい。という事でご依頼頂きましたE61です。

BMW E61 BMW純正 ipodインターフェース取付け



今回の作業コード:CCC_IPOD_CODE & CCC_IPOD_INST

文頭にも記載しましたが、今回取り付けるのは前車から取り外したものです。(車両入れ替え時に外してもらったもの)


足りない部品が無いかをチェックして、問題ありません(タイラップとスポンジ緩衝材はなかったですが・・・ww)でしたので、早速作業していきます。


ipodインターフェースはグローブBOX内にあるCDチェンジャーと入れ替えになります。


入れ替えして…

緩衝材として、手持ちのスポンジを挟んで指定の固定方法(タイラップw)で固定していきます。

あとは、コンピューター側の処理が必要です。

ipodインターフェースを付けたよ♪と教えてあげると…



BMW純正ですので、i-driveのコントローラーで選曲などもできます。

そして、診断機にも“IPOD”と表示されて、グリーンでエラーも無し。

バッチリ♪

オーナー様にも動作確認をしていただき、問題ない事を確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E70 CCC故障→欧州仕様の中古CCCで交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

今、流行っている?某オクでも、販売されていて中国生産の“アレレアレレ○○”を取り付けたたら…

CCCがまともに起動しなくなり、“アレ”を外して純正状態に戻しても、ブラックアウト状態でi-driveが二度と起動しなくなったE70。

前回はE63だったけど、今回はE70でもCCCをぶっ壊す“ヤツ”。今回の方が壊し方酷いけど…。

E63のはこちら。

という事で、「○○を付けたらCCCが二度と起動しなくなっちゃったんだけど、CCC交換ですよね?載せ換えしてほしい」と、BMW仲間からのご相談です。(ちょっとイレギュラーな直し方で面白いので、ブログにしましたがこの方法はお薦めしません)

BMW E70 CCC故障→欧州仕様の中古CCCで交換修理



今回の作業コード:CCC_REP

ホントはちゃんと日本仕様のCCCが良いのですが、E70用の中古CCC(日本仕様)が全く見つからない。との事で、今回はオーナーさんが個人輸入した欧州仕様の中古CCCです。

日本仕様とNOT日本仕様では当然仕様が全く違うので、人によってはボチボチ不便が生じます。

欧州仕様の中古CCCにすでに交換済みで来てくれたので、早速書き換えしていきます。

載せ換えしたままだと、、、
①音がでない
②周波数が違ってラジオが使えない
③デイライトの設定がオカシイ
④オートライト・オートワイパー機能が使えない
⑤その他いろいろ変

①は定番、②は海外仕様だから当然。

③と④と⑤は、え?そんなところまで??日本仕様以外をポン付けするとこんな摩訶不思議な事になるんや。

って感じで不思議なことが起こっていました。


はい復活。

一番分かりやすい違いだと、ラジオ。
日本と欧州では周波数が違うので、そのままではほぼラジオは受信できません。これは書き換えすればOK。

i-drive無しでは困っちゃう、オイル量チェック画面も問題なく使えます。

あと。。。
欧州仕様のCCCなのでか、日本向けCCCでは見たことないようなこの画面(笑)

さらに…
中古CCCから出てきたナビDVD(ヨーロッパMAP 2009Ver)。


無理矢理欧州仕様のCCCを載せ換えしたことで、一部使えない機能(日本仕様のCCCから使えなくなった機能は今回の車両だと3個)はあるものの…

どれも別になくても良い感じの機能なので、ここまで使えれば、まあええか。という状態までは復活できました。上記に書いた①~⑤の問題は、当然解消済みです。

オーナーさんも「久しぶりにポーーーンっていう音と、音楽やラジオが聴けたわ」と感動されていました(笑)

やっぱ無音は寂しいですよね。

という事で、今回のブログはここまでですが、このE70の作業はまだまだ続く。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


R56 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー処理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

今回もDSCユニットが壊れて、中古DSCユニットにて交換修理されたR56です。

当然ですが、ポン付けでは正常に動作しません。

という事で…

MINI R56 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー処理



今回の作業コード:ABS_RECODE_TRW

DSCユニットが壊れている。という事で、中古DSCユニットにて交換。

交換後の入庫いただいた車両です。
(当店ではブレーキラインの脱着が入る作業は作業不可ですので、事前にDSCユニットは交換しておいてください)


ご来店時は、ご覧のように定番の警告灯が大量点灯中~。

では早速作業開始です!!

R55~60系のTRW製ABSユニット(DSCユニット)の移植拒絶反応をなだめるのは、なかなか色々面倒です><

何台もこのR56のDSC載せ換え作業をしていますが、色々調べてみたら、やはりR56系はこの超絶面倒くさい方式でしか無理みたいですね。。。

機嫌を直してもらうには、あめちゃんが大量に必要ですww

大量にあめちゃんをあげても、今回はちっとも機嫌を直してくれません><

ご覧の通り、まだ警告灯が付いています。

実は、すでに機嫌を直していてくれて、DSCユニットは絶賛正常動作で故障検出中でした(笑)

はい、あるモノがホントに壊れていたんです><

このあるモノがこれまた高額で、付いている場所も厄介。

これが壊れていると、載せ換え後の仕上げ作業もできません。

ですので、この日はここまでで作業終了。

新品の部品は10万円近いお値段。

「新品は高いので、中古で探していただいても良いですので、壊れていないのに交換してください。場所はこの辺りに付いています。」とお伝えして・・・

数日経過。

「教えていただいた○○、交換完了しました。○○が△△になってましたぁ~。これでは100%壊れますよね。笑笑」

と、ご連絡をいただき、前回の作業の続き。

前回で、仕上げ作業の一歩手前まで作業完了しているので、あっという間に…
はいバッチリ♪

今回は高額部品のダブル故障でDSC関係がご臨終していました。

ミニも多いんですかね…。
あれが原因のあれが…。
(↑ネット情報を鵜呑みにして、全てを信じてしまう人がいるので、詳しくは書きません。)

ご依頼ありがとうございました。

今回のように、DSCユニットだけが犯人という訳ではなく、共謀者がいる場合があります。またDSCユニットを犯人に見せかけた黒幕がいるかもしれません。共謀者や黒幕がいる場合、今回のように【ABS_RECODE_TRW】だけでは直りませんので、その点ご注意くださいね。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto