「エアバッグの警告灯消去」カテゴリーアーカイブ

E46 セイフティバッテリーターミナル不良によるエアバッグ警告灯点灯→エラー解除

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

エアバッグ警告灯が点灯したBMW E46です。

BMW正規ディーラーにて、『セイフティバッテリーターミナルの抵抗値大』と事前に診断されています。

BMW E46 セイフティバッテリーターミナル不良によるエアバッグ警告灯点灯→エラー解除



今回の作業コード:ERR_CHK

ホントであれば部品交換が好ましいのですが、部品の方も国内に在庫はなく本国オーダー。

しかも、コロナで納期が…。

という事で、オーナーさんのご意向に従いセイフティバッテリーターミナル本体は交換せずにエラー解除していきます。

Before


After

バッチリです。
「お~~エアバッグ警告灯が消えた!!」って喜んでいただきました。(正常時と同じく、キーONで点灯→しばらくして異常がなければ消灯。セイフティバッテリーターミナル以外の故障が検出されれば点灯。という動作はちゃんとしますので車検も問題ありません)

その後、お互い関西出身という事で話が盛り上がり。。。
しかも、京都駅近くの某ラーメン屋がお互い行きつけ。という事で、さらに話が盛り上がり…(笑)

楽しい時間をありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E65 エアバッグ警告灯点灯→セイフティバッテリーターミナル故障

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

エアバッグ警告灯が点灯しているE65です。

BMW E65 エアバッグ警告灯点灯→セイフティバッテリーターミナル故障



今回の作業コード:ERR_CHK

では早速♪
エアバッグ警告灯がちゃんと点灯していますね♪


まずはBMW純正の診断機でコンピューター診断(初診)です。これを行わないとちゃんとした原因がわかりません。あ、当店は汎用の診断機等の診断結果は信用していませんので、BMWディーラーの診断書がない限りこの初診作業が必要です。

診断結果、エアバッグ警告灯の点灯原因は、“セイフティバッテリーターミナルの異常”が原因でした。

故障個所がわかれば、作業メニューで対応できますので早速作業開始!!

ハイ完成^^


バッチリ♪
2度とセイフティバッテリーターミナルのエラーは出る事はありません。(他のエアバッグシステムの故障でエアバッグ警告灯が点灯することはありますが…)

オーナー様と一緒に動作確認して、問題ないことを確認して作業完了です。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto(LINE休止中)

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ


 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E60 i-driveブラックアウト→中古CCCにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

使い方が悪いと発生する定番?のi-driveのブラックアウトです。設計者の意図する使い方で使っているオーナーさんは、壊れることは滅多にありません。もう10数年使っているけど、壊れないな。というオーナーさんは設計者の意図する使い方なんでしょうね^^

E60はi-drive(CCC)がぶっ壊れると、タイヤの空気圧設定(初期化)もできなくなり、ふとしたタイミング(タイヤに空気を入れた等)でタイヤ空気圧異常のエラーが出たりします。この車両も空気圧再設定ができず、エラーが出ていました。当然、画面は真っ黒、音(オーディオや警告音)も出ない。

と言う事で、中古CCCで交換です。

BMW E60 i-driveブラックアウト→中古CCCにて交換修理



今回の作業コード:CCC_REP

いつものようにサクサクっと作業を進めていきます。

オーナーさんに持ち込んでもらった中古CCCに載せ替えして…
現車に合わせて書き換えして…


一通り動作確認して、ハイ完成。

だけど、入庫時からエアバッグの警告灯が点灯しっぱなしだったのでついでに消去。



バッチリ♪

あとは空気圧設定(初期化)を行えばOKです。
空気圧設定の方法は、取説にちゃんと記載してありますのでやり方知らない人は取説読んでください。

最後にもう一度、オーナーさんと一緒に動作確認等行い、不具合ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ


 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.