トップページ > サービス > BMWリフレッシュ・カスタムメニュー > バッテリーセイフティターミナルエラー解除

セイフティバッテリーターミナルエラー解除(エアバッグ警告灯)




これ、ダメになると結構な高額部品です。
しかも、車種によってはトランクにあるバッテリーからエンジンルームまで配線交換(車種による)となり、工賃もビックリ価格となります。

で、バッテリーセイフティターミナル(セイフティバッテリーターミナル)って何?ってことですが、エアバッグが開くような事故をした際、バッテリーのプラス端子に接続されている太いケーブル(スターターやオルタに接続されているケーブル)を車両から切断し、ショートによる車両火災を予防する為のセイフティシステムです。

1990年代の結構古めのBMWから採用されています。

作業ブログはこちら


なお、バッテリーセイフティターミナルは、セイフティシステムの支配下にありますので、故障が起こるとエアバック警告灯が点灯します。

エアバック警告灯(↑赤丸のマーク)が点灯したままでは車検には通りません。

部品交換や追加部品も一切ありませんので、通常の修理(新品部品※で交換)よりかなりリーズナブルにエラー解除できます。

※参考部品代(セイフティバッテリーターミナル)
E46の場合:90,530円(別途工賃が必要)2022年時点


■セイフティバッテリーターミナルエラー解除
作業コード:SAFTY_BT
対象車種:E系全般+R系全般

=備考=
○初診作業(作業コード:ERR_CHK)後の作業となります。
ページのトップへ戻る