「E61」タグアーカイブ

E61 エアバッグ警告灯点灯→中古エアバッグモジュール(SGM-SIM)で交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

『2件のBMWディーラーと1件の整備工場で検査を受け、3社ともエアバッグコンピューターの不良との診断を受けました。中古のエアバッグコンピューターを入手できたので、交換作業を。。。』というエアバッグ警告灯が点灯(セイフティシステム異常が表示)されているE61です。

いつものことですが、載せ替えする中古エアバッグコンピューターはオーナーさんの持ち込みです。自分で探せば安いのが見つかり節約できますからね♪

BMW E61 中古エアバッグモジュール(SGM-SIM)で交換修理

今回の作業コード:SGM_REPLACE

ちゃんとエアバッグの警告灯も点灯しています♪

i-driveのモニターにも…

では早速作業開始。

まずはコンピューター診断で車両の状況を把握。ナビやら色んなエラーがいっぱいエラーが残っていました。。。

とは言え、ログを元にオーナーさんに問診して、今回の作業は影響あるエラー項目はないので安心して作業していけます。

持ち込んでもらった中古ユニットはこちら。

海を渡って来たようです^^

壊れているSGM-SIMを取り外して・・・

何となく並べてみるww

新しいっても中古ですが、、、を取り付けて…
ゴニョゴニョと移植手術。

移植は無事終了。

シートベルトを付けると…

バッチリですね。

最後に診断機でチェックして、オーナーさんと一緒に動作確認や診断機で検出されているエラー内容などを確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E61 セイフティシステム異常(コンピューター診断)+CBSリセット

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

セイフティシステム異常が点灯しているので、原因を調べてほしい。

というご依頼です。

BMW E61 セイフティシステム異常(コンピューター診断)+CBSリセット

今回の作業コード:ERR_CHK


セイフティシステム異常(エアバッグ警告灯点灯)が表示された時は診断機で診断です。

今回は運転席のエアバック異常でした。
BMW純正の診断機を使ってエラー内容を詳細にチェックしていきます。

診断機のエラー表示だけで判断すると運転席エアバッグ本体がぶっ壊れているようにみえるのですが、それを鵜呑みにすると痛い目にあいます♪

という事で、さらにオーナーさんへの問診です。
(人間の病気と一緒で、問診は非常に重要です。)

色々お話しを聞くと″X01とI01が怪しい”。と判明。

という事で、オーナーさんと一緒に簡単にチェックできるX01の方をチェック。問題なし。

ハンドルに付いているマルチファンクションスイッチも問題なし。(診断機にもエラー出てませんので、操作はできる事は分かっていましたが念のため)

あ、このパターンで壊れたのね。。。
またまたレアなww

車両チェック+診断機の結果+問診の結果、やはりI01の可能性が非常に高いです。(車両の製造年月によってはもう1か所怪しいところ(I04)があるのですが、今回の車両はその年式から外れていますので怪しいリストから除外です)

I01で直らない場合、ホントに運転席エアバッグが壊れているか、そうでない場合ちょっと厄介なパターンなのですが、お試しできるモノはないのでこれ以上は当日中の対応は不可です。幸いこの部品はDIYで簡単に交換できる&DIY派のオーナーさんでしたので、オーナーさんに『I01を発注して交換してみてください。』

と、作業時の注意事項等をお伝えして、エアバッグ関係の方は終了。

追加でCBSリセットの方もご依頼いただきましたので、そちらの作業へ。

真っ赤っかです^^

リセットして緑色へ。(作業後の画像は取り忘れました。。。)

後日…
“先日はありがとうございました。やはりI01が原因でした。
リセットも出来ました。ありがとうございました。”

と完治のメール連絡。

良かったです♪
そして、DIYでの作業お疲れ様でした。
I01の交換工賃+リセット作業はうちの近所のディーラーだと約2.5万円(別途部品代)ですので、浮いた工賃代は違うメンテナンスへ回せますね。

I01は通常の使用では自然に壊れる事は滅多にありませんが、ネットの作業情報だけで色々理解せずに作業すると″壊す”ことがあります。ネット情報(み〇カラ等)を鵜呑みにしての作業はご注意ください。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E61 コーナリングライト異常!の警告解除(非表示化)

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

コーナリングライト異常!
これ、色々な要因で警告が出ちゃいます。
原因は○○だったり、XXだったり…。

本来であれば、診断機に通して原因を確認。その結果を元に修理するのが正当なのですが…

今回も壊れたままでも『コーナリングライト異常!』だけ警告が出ないように警告を表示しているユニットを書き換えちゃいます。

BMW E61 コーナリングライト異常!の警告解除(非表示化)


今回の作業コード:AFS_ERR

いつものようにガサゴソと作業開始!!

ハイ完成。
もちろん、車両チェックも異常なし。
(実際は壊れたままだけどw)

コーナリングライト(アダプティブヘッドライト)機能が壊れたままでも、普通のヘッドライトとして使えるので特に問題はありませんが、せっかく標準機能として備わっている機能ですので修理する方が良いとは思います。個人的には…。

(中古ユニットを用いてコーナリングライト異常!を修理したバージョンもありますので、近いうちにブログに書こうとは思います)

車両引き渡し時に、オーナーさんと一緒に再度動作確認等して問題ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.