「修理&メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

E92 エアバッグ警告灯→着座センサーエラー修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回もE9X系3シリーズのエアバッグ警告灯点灯による修理です。

“エアバッグ警告灯点灯=着座センサー断線”という訳ではありませんので、故障個所を確定のうえ処置に取りかかってください。

ヤ〇ー知恵袋やSNSで質問して、もしくは、同様の事象を読んでそうだと勝手に決めつけて作業をすると、無駄金になります。実際にそういう方を何人も・・・

勝手な思い込み診断は、病院と同じく誤診を招く原因となります。

あと、『エアバッグ警告灯点灯したんだけど、着座センサーですかね?』などお問い合わせいただいても、当方はエスパーではありませんので、実車を見て診断機をかけてみないとどこが原因で警告灯が点灯しているかはわかりません。メール・電話でお問い合わせいただいただけで、故障個所がズバリとわかる能力が欲しい。。。そんな能力があれば高い診断機不要なのに、、、

という訳ですので、エアバッグ警告灯を含め、エンジンチェックランプが点灯したりした場合も、「○○が点灯したんですけど、△△が原因ですか?」とか、DIYで取り付け作業されていてうまく動作せず、「○○を付けたんだけど、動きません。どこが原因ですか?」というお問い合わせはやめてください。答えられません。

故障・不具合個所の特定は、ご予約のうえ車両を持ち込んでください。人間のお医者さんと同じく、実際に車両にBMW診断機を接続しての故障個所等の判断となります。もちろん有料ですが。


コンピューターによる故障診断はこちら

という事で・・・

BMW E92 エアバッグ警告灯→助手席着座センサーエラー修理

2016-12-20 10.16.35エアバッグ警告灯が点灯という事で、ご来店いただきましたE92。
2016-12-20 09.43.31このままでは車検はNGですので、警告灯が消えるような処置が必要です。

image1実際の修理作業に入る前に、一度ご来店いただき診断機による故障個所は特定済みでしたので、原因個所特定後に発注していた着座センサーエミュレーターを取り付けていきます。(上図の診断レポートは取り付け作業日当日のものです)

今回の作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

2016-12-20 10.14.34エアバッグ警告灯、バッチリ消えました!!

これで車検もOKです^^

ご依頼ありがとうございました。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E46 中古エアバッグコントロールユニットによる載せ替え修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回のブログもエアバッグ警告灯の点灯原因であるこちらの修理。

エアバッグコントロールユニットの内部故障。。。
こうなると現物修理するより、中古で載せ換えた方が安心です。

という事で・・・

BMW E46 中古エアバッグコントロールユニットによる載せ替え修理

E46 ecu

車両への組み込みは事前に済まされておりましたので、あとはこの中古モジュールに、組み込んだ車両の情報を再登録していきます。

BMWは通常、各々のモジュールに車体番号・その他制御するにあたり必要な車両情報が書き込まれています。そのため、中古のモジュールを使用しての修理は、車両情報アンマッチのため不可能です。正常に動作しません。

また一般的に、一度車両情報を登録されてしまうと、新たに情報を書き換えることは不可能です。その為、ディーラーでは新品のモジュールへ交換、新規に車両情報を書き込むことで修理・交換対応しています。

この為、中古のモジュールでは修理できない。となっております。

ですが、当店では一度登録された情報を新たに書き直すことができますので、中古のモジュールが使えます^^

いつものようにゴニョゴニョと作業をして、エアバッグ関係のエラーが出ないことを確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

=注意事項=
①載せ換える中古エアバッグECUは、現車に搭載されている物と同じバージョンの物を使用してください。

②ご自身で載せ換えをご希望の場合、エアバッグECUにすぐにアクセス&交換できる状態でご来店ください。ご来店後、交換していただければ大丈夫です。

こちらの作業メニューは。。。
E38(7′) E39(5′) E46(3′) ・・・交換修理実績あり

その他、E53(X5) E83(X3) E85(Z4)であれば可能かと思います。

上記該当車種でエアバッグECUで内部故障(不良)エラーで、エアバッグECU交換しか方法がない方はご依頼ください。

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E39 エアバッグコントロールユニット内部故障によるユニット交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回のブログもエアバッグ警告灯の点灯原因であるこちらの修理。

BMW E39 エアバッグコントロールユニット内部故障によるユニット交換修理

2016-11-12-09-03-33
交換前に一度ご来店いただき、エアバッグ警告灯の点灯原因を確認させていただいたところ、“エアバッグコントロールユニット内部故障”という致命的な故障による警告灯点灯でした。こればっかりはモジュール(ECU)を交換するしかありません。

エアバッグ警告灯が点灯していますと、もちろん車検には通りませんので修理する必要が出てきます。

BMWは通常、各々のモジュールに車体番号・その他制御するにあたり必要な車両情報が書き込まれています。そのため、中古のモジュールを使用しての修理は、車両情報アンマッチのため不可能です。正常に動作しません。

また一般的に、一度車両情報を登録されてしまうと、新たに情報を書き換えることは不可能です。その為、ディーラーでは新品のモジュールへ交換、新規に車両情報を書き込むことで修理・交換対応しています。

という事で、修理の方法として選択肢は4つ。

①ディーラーにて新品のエアバッグECUで修理。
→もちろんとても高額です>< 10万円近くいくと思います。

②当店で中古のエアバッグECUで交換修理。
→え?さっき登録情報は通常書き換えられない。って書いていたいのにどういうこと?と思いの方がおられると思います。それは。。。特殊なやり方を知っている人が特殊な方法を用いれば中古のモジュールでも修理・交換ができるんです。もちろん、当店でもその作業は可能です。可能なのでブログに載せているんですが…

③もっとマニアックな方法で修理。
→これは直るか直らないかある意味賭けです。しかも、同じ年代の車が必要。また部品交換不要。うちのE39はちょうど同世代の車がお友達にいましたので、それから○○をゴニョゴニョして修理しました。

④現物のECUを修理。
→某オクなどでよく見かけるアレです。
現物ですので、登録情報のアンマッチはなしの為、ポン付けで可能。ちなみにエアバッグECUだけに関していえば、余計に壊れて帰ってきたという過去の実績があります。

③と④はちょっと賭け的なところがありますので、当店では確実に、そして、安く修理できる②で対応しています。

という事で、今回も②の方法、中古のエアバックECUで修理していきます。

早速、中古のエアバッグコントロールユニットへと載せ換えます。
ユニット本体はオーナー様持ち込みの為、いくらでGETされたかは不明です。
2016-11-12-09-28-42車両から外したぶっ壊れて使い物にならないユニット(↑)

新しいものを付けて、車両の情報を再登録していきます。
今回は中期の車両の為、ボンネット内からゴニョゴニョしていきます。
2016-11-12-09-3正しく動作するように正確に再登録していきます。

すると・・・
2016-11-12-09-38-45エアバッグ警告灯は消えて、シートベルトの警告のみ。

そして…
2016-11-12-09-39-03シートベルトをすると、シートベルトの警告もバッチリ消えます。

これで車検は問題なく通るようになりました。

この作業は、E38(7′) E39(5′) では実績ありますので、エアバックECUで内部故障(不良)エラーで、エアバックECU交換しか方法がないE38/E39オーナー様はお問い合わせください。

実績はありませんが、、、多分 E46(3′) E53(X5) E83(X3) E85(Z4)であれば同様に可能かと思われます。

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。

(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto