E46 ABS(ASC)ユニット故障→中古ABSユニットに交換後の処理

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

E46やE39では割と定番のABSユニット(ASCユニット/DSCユニット)の故障です。

BMW E46 ABS(ASC)ユニット故障→中古ABSユニットに交換後の処理



今回の作業コード:ABS_RECODE_BOSCH

E46には、ASC車とDSC車がありますので、中古ABSユニットを購入する際には注意が必要です。

当たりまえですが、ASC車にDSCユニットは対応しませんし、DSC車にASCユニットも当然対応しません。

ですので、自車がASC車なのか、DSC車なのかをちゃんと確認して適合するABSユニットで交換する事が必要です。

ASCかDSCかの見分け方は、ABSユニットその物を見てもらえば“ASC”とか“DSC”とか書いています。あとは室内のボタンにもASCとかDSCとか書いてあるので、それで確認することも一応は可能です。

話はだいぶそれちゃいましたが…
ABS(ASC)ユニットを交換しただけでは、当然、△!マークとサイドブレーキの警告灯が黄色で点灯したままです。

取り付けたユニットに取り付けた車両の情報を書き込んで、チューニングしてあげれば…

ピンボケしちゃってますが…
換装された中古ABSユニットが壊れてたり、ABS関係の他の部品が壊れていて新たに検出されると、この作業をしても警告灯は消えないので、消える瞬間までドキドキです。

バッチリです♪

19万キロオーバー!!
大先輩ですね。この頃のBMWはしっかりした作りですので、定期的に消耗品を交換していれば長く乗れます^^

オーナーさんと一緒に確認して、作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

最後に。。。
E46のABSユニット交換にはブレーキラインの脱着が入りますので、当店では作業不可です。認証整備工場で交換だけしてもらった後、要らぬことはせずに当店へお持ち込みください。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket