「E46」タグアーカイブ

E46 中古ABSユニットにて交換修理後の現車適合化コーディング等

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

“ABSの不具合が出てディーラーにチェックしてもらったところ、ABSモジュールの故障との事でした。
ディーラーでの修理となると高額になるため、同じ中古の部品をネットで購入しました。知り合いから紹介された車屋さんで交換、コーディングはディーラーなどで対応しようと車屋さんに依頼をしたのですが、その車屋さん曰く、『この車ではリビルト品は使えない。データ書換が出来ないので、現物修理か新品交換でしか直らない』と言われてしまいほとほと困ってしまいました。モジュールを交換後、貴社へ持ち込んでコーディングをお願いすることは可能でしょうか?”

という事で、作業のご依頼です。

BMW E46 中古ABSユニットにて交換修理後の現車適合化コーディング等

今回の作業コード:ABS_RECODE_BOSCH

↑の車屋さんがおっしゃる通り、ディーラー含め、普通にはデータ書き換え不可ですので、現物修理or新品交換となります。ですので、BMWは中古モジュールは使えない。という認識でOKです。

が、当店は昔から中古ユニットの書き換え(現車適合化処理)が可能ですので、中古ユニットの再利用ができます。

早速作業開始!!

しかし、今回は現車適合化処理をしてもエラーが消えない・・・。

こうなる場合は…
①購入された中古のABSユニットが壊れている
②非適合のユニットが付いている
③車両に不具合がある(システムに関連する他の部品が壊れている)

の3つです。

という事で、、、
警告灯が点灯しているときは“コンピューター診断”です。

今回の場合は③の“車両に不具合がある(システムに関連する他の部品が壊れている)”。

左フロントの車輪速センサー(ABSセンサー)がご臨終です。。。

こればっかりは新品交換しないと直りません。
幸いオーナーさんはDIY好きな方でしたので、購入された中古のABSユニットが壊れていなければ、左フロントの車輪速センサーの交換をすれば完治します。とお伝えして、当店での作業は終了。

後日、オーナーさんからメールが届き…
『ABSセンサーを新品交換しても警告灯は消えませんでした。』

と、悲しいお知らせが・・・。

ですので、さらに詳しいアドバイスをトス。

さらに数日後・・・。

『ABSセンサーを入れ替えてみたら・・・
新規で購入したセンサーが不良品でした。
再度他のところで手配をして、無事警告灯は消えました。
ラジエターサブタンクのキャップも取り替え、無事車検も合格!!』

という嬉しいお知らせが。交換作業+車検お疲れ様でした~。

今回はABSユニットの故障に合わせて、ABSセンサーも故障というダブルパンチ。

さらに、新品で購入したABSセンサーも初期不良。というガックシな状況が重なりました。。。

センサー類は信頼できるお店から、信頼できるモノを購入されるのが良いですね。

この度はご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E46 ポジション球をLEDに変更した際の不具合解消

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

フロントポジション球をLEDに交換後、ライトONするとフロントウィンカーもぼんやりと点灯するようになってしまった。あと、エンジン始動時にチカチカとフラッシングするようになってしまった。

という事で、不具合解消のご依頼です。

E46などは、年式により不具合が解消できない場合もあるので注意が必要ですが、今回の車両はLEDに対応しているコンピューターがすでに搭載されている車両ですので、このあたりは問題なく解消できます。

BMW E46 ポジション球をLEDに変更した際の不具合解消

今回の作業コード:BMW_CODING

今回のE46は新車からずっと乗られていて、19万キロ以上走っている車両です。

が、エンジンルームはもちろん、外装もめちゃくちゃ綺麗でかなり状態の良い車両でした。オーナーさんの愛情が伝わってきますね♪そして、BMWトークが盛り上がります(笑)

まずはいつものように現状確認からです。

画像ではちょっと見ずらいかもしれませんが、ポジションONにするとちゃんとウィンカーバルブもうっすらと点灯していますね。

という事で、サクサクっと・・・

ポジションONにしても、ウィンカーバルブは点灯しなくなりました。

最後にエンジン始動時のフラッシングが起こらない事や、ポジションONしてもウィンカーバルブがぼんやり点灯しない事などオーナーさんにも確認してもらって作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E46 オイルサービスインターバルの距離変更等

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

オイル交換までの距離を示してくれる便利な機能の“オイルサービスインターバル”。

デフォルトだと25,000kmとなっていて、便利なお知らせ機能ではありますが使い勝手がイマイチです。

という事で、使える機能へ変更したい。というご依頼です。

BMW E46 オイルサービスインターバルの距離変更等

今回の作業コード:CUSTOM_CODING / REV_MIRROR_ANG / HID_CODE_FULL 

今回はオーナー様のオイル交換インターバルに合わせて6,000kmに設定です。(現時点の作業可能車:E46)

この数字はオーナーさんのオイル交換のタイミングに合わせて変更できるので、別に6,000kmである必要はありません。

ただし、注意事項として、実際は走行距離だけでオイル交換までの残距離を算出している訳ではなく走行状態を考慮して算出していますので、表示される距離を走り切ったら0になる。という訳ではありません。

その他、上記以外にご依頼のあった純正ハロゲンヘッドライトから純正キセノンヘッドライトへ交換した際に発生する不具合の修正(キセノン仕様へ仕様変更)、リバース時の助手席のミラー角度変更を施工。

最後にオーナーさんと一緒に動作確認を行い、問題ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.