E64 中古セントラルゲートウェイモジュール(SGM)にて交換修理

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

エアバッグ警告灯が点灯(セイフティシステム異常がモニターに表示されている)。当店に入庫前にBMW正規ディーラーにてすでに故障診断を済まされており、セントラルゲートウェイモジュール交換修理費用約34万円の診断が下されたE64(6シリーズカブリオレ)です。

当然、BMWディーラー等は中古のユニット(モジュール)を再使用して修理する事は技術的に不可能です。その為、新品交換にて修理となります。この辺りが車両全体がコンピューターで管理されている関係で厄介なところですね。

BMW E64 中古セントラルゲートウェイモジュール(SGM)にて交換修理


今回は積載車でのご来店です。
ホントは積車から降ろしていただいた方が良いのですが、載せたままで作業できるのであれば載せたままで…というオーダーをお受けしましたので、載せたまま作業させていただきます。
(↑)載せ換える中古のユニット・業者様の持ち込み品

まずはバッテリーを切断して…ユニット交換。

中古ユニットを購入するにあたり、事前にユニットを確認されておられユニット周りがすでにバラバラでしたので(これがまさかの…)、サクサクっと交換できます。

ユニット交換して、バッテリーを接続して。。。

現車に合わせてユニットデータを再調整。

その後、ユニットそのものに故障無いかをチェックしたところ、当然出るエラーログの他に、予定にはない助手席エアバッグ1&2の断線エラーログが(汗)


とりあえず、システムエラーの方はサクサクっと作業を行い

皆さん素直に“はい”とお返事いただけましたので、システム時間エラーはOK。

残すは、助手席エアバッグの断線エラーログ。
こちらを解消しない限り、エアバッグの警告灯は消えません。

で、こっちの原因は…ユニット周りをバラす際に、助手席エアバッグのカプラーを外したままだった為。という事で、そこを接続してエラー解消です。

ご依頼ありがとうございました。

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket