「F11」タグアーカイブ

F11 TMS(ヘッドライトドライバーモジュール)交換後の初期化+再学習

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

TMS(ヘッドライトドライバーモジュール)が壊れて、ネットで購入された社外品のTMSを使って交換修理されたF11です。TMSそのものの交換はすでに済みですので、当店では交換後に整備書に作業指示のあるモジュールの初期化と再学習作業のみを行っています。コーディング作業は不要です。

BMW F11 TMS(ヘッドライトドライバーモジュール)交換後の初期化+再学習



今回の作業コード:TMS_INIT

今回は右のヘッドライトのみ不具合が出ていたようで、右ヘッドライトのTMSのみ某オクなどに売っている社外品のTMSで交換されています。

某オクとかネットショッピングで売っているような“純正品と同等”とかそれっぽいことが書いてある怪しい中国製のTMS。何が同等なのか… 形状??

社外品のTMSは、交換後に必要な今回作業した作業ができないモノやすぐに壊れるもの、とりあえずは動作するけど、なんだか動きが変なモノなどがありますので、それを承知の上で社外品はお使いください。純正品同等と書いてあっても、純正品の性能を求めてはいけません。

まずはいつものように現状確認。

モニター上にはコーナリングライト異常!や光軸調整異常!が表示されています。

診断機上はこんな感じでエラーログが残っています。

という事で、初期化と再学習を行っていきます。

初期化完了。そのままの流れで再学習も開始されます。
無事作業は終えて…

元々検出されていたエアコンのエラーは残っていますが、ヘッドライト関連のエラーは解消。


もちろんモニター上も『異常なし』に。

一緒に動作確認等行い、作業完了です。

今回は社外品の安いTMSでも無事初期化+再学習できましたが、世界的に社外品は…という話も出ていますので、ある意味社外品(中国製)のTMSでの修理は賭けだと思います。

なお、TMS以外の原因で初期化+再学習ができない場合もあります。

作業後、いつものように色々お話しがはずみ・・・(笑)

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

F11 アクティブステアリング故障 中古ALユニットで交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

気付いたら助手席側からの雨漏れがあり、アクティブステアリングユニットが水没、その結果アクティブステアリング機能が故障。中古のアクティブステアリングコンピューター(ALユニット)で載せ替え修理をしたので、中古ユニットが正常に使えるように現車適合化処理をやってほしい。というBMW F11です。

雨漏りは定番の箇所からでその部分の雨漏れ対応と、適合する壊れていないであろう中古アクティブステアリングユニットへの交換はすでに完了、その他水没したことによる後始末もOK。

という事で、中古ユニットにて交換後の現車適合化処理というご依頼です。

こちらのオーナーさんのように、F10/F11のALユニットやHSRユニットの交換は、ちょっと頑張ればDIYで十分可能です。ご自身で作業してもらうと、交換工賃が浮きますので是非ご自身で交換してくださいね♪ ALユニットは要シート脱着なので、ボチボチの交換工賃になりますよww

なお、今回のブログは“ALユニット”ですが、“HSRユニット”もこちらの作業メニューでの対応となります。

BMW F11 アクティブステアリング故障 中古ALユニットで交換修理

今回の作業コード:ACTIVE/S_MOD+ACTIVE/S_INIT+ERR_CHK

すでに中古のアクティブステアリングユニット(ALユニット)に交換されていますが、まずはコンピューター診断を行って現状確認。


入庫時はこんな感じで、エラー表示。

エアバッグ警告灯は助手席外したままキーONしてしまったとのことですので、ログを消せば消えますね。特に問題なしです。

機材を準備して初診作業であるコンピューター診断からスタートです。


ディフェクトメモリー数133個。
過去最高!?(笑)かなw

バッテリーを外したり、中古ユニットに載せ替えした際に記録された不要なエラーも残っているので一度リセット。

1/10程度とかなり少なくなりましたww

そして、中古のアクティブステアリングユニットをポン付けしているだけなので、“ALコントロールユニット:コーディングエラー”のログがTOPに残っています。

現状確認が終わったところで、サクサクっと車体番号など、BMW社が車両開発に使っている特殊ツールを使って現車に合わせて書き換え。

E系をメインにやってる身からするとF系以降は親切だしと~っても優しいです。色んな意味で。ただ、純正診断機の診断時間がやたらかかるようになったので、オーナーさんを待たせる時間が増えて厄介ですが…。

余談はさておき、現車適合化処理を行った後、再度診断機へバトンタッチ。

コーディングエラーは消えて、普通であればこの後アクティブステアリングのセットアップ作業(作業コード:ACTIVE/S_INIT)のみで作業は終了するのですが…

これはあかん!!天童よしみです!!
出たらあかん厄介なアクティブステアリングのエラーコードが2個も。。。

面倒な追加作業が確定されました…(涙)

ちなみにこのエラーが記録されたまま作業すると…

こうなちゃって、アクティブステアリングのセットアップ作業は正常に完了しません。(できない事はわかっててこの画像を撮るためにわざわざこの作業しましたww)

という事で、今度はこの重大な2個のアクティブステアリングのエラーの対応。。。原因(確率論の話)はほぼわかっているのですが、確認するにもバラしたりする必要がある物理的な対応や、その他時間のかかる作業が必要となりますので、意外と時間かかります。当然当初のオーダー以上の作業ですので、別途追加必要も発生します。。。

やっぱりね。。。(ここで良かったと一安心)という所がNGだったので不具合箇所をお手当してあげて、再度アクティブステアリングのセットアップをしてあげると…


エラーは全て消えて正常にアクティブステアリングが作動。

最後の仕上げでもう一度エラー消去。

残るはAUCセンサーのみ。
これは定番の故障で走行には全く影響ないので、気になる人でなければ特に修理する必要はないかな。。。

オーナーさんもずっとBMWに乗っておられるので、『あ~これね。昔からダメだけど、Fになってもダメだね。困らないしこのまま放置しておきます。』との事で、オーナーさんと一緒に最終確認して作業は終了です。

作業時間の3/4はエンコード後に出た2個のアクティブステアリングのエラーの対応でした…。

ご依頼ありがとうございました。

E系同様に、F系でも何でもかんでも中古が使える。という訳ではありませんのでご注意ください。モノによっては新品交換をご提案させていただきます。新品交換であればわざわざ当店でやらなくてもディーラーでできる作業ですので、ディーラーでの作業を提案させていただきます。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto

Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.