E39 着座センサー修理&ミッションエラー非表示化

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回も大好きなE39ネタです♪

しかも今回のE39、沖縄のオーナー様で沖縄からご来店くださいました。感謝感謝です^^

北は北海道、南は沖縄。
E39に大切に乗っておられるE39オーナーさんはアクティブな方々が多いですね♪

北海道のE39オーナーさんのブログはこちら。

という事で…

BMW E39 着座センサー修理&ミッションエラー非表示化


エアバッグ警告灯が点灯したとの事で、ご来店です。

まずは、コンピューター診断をお受けいただき、原因の確定。
今回は“着座センサー断線”のエラーが残っていました。

E39の着座センサーの場合、在庫はありますので即日対応可能です。で、早速実車を確認すると…

すでに着座センサーが付いてる…。ん??と思ってオーナーさんに確認。

「せっかくなので新しいのに交換しておいてください」とのオーダーを頂きましたので、新しいのに交換。どうやら付いている着座センサーがダメになったっぽいです。

その後、色々楽しいE39トークをさせていただいている最中に、「AT→MTに載せ換えされて以降、エンジンをかける度に“TRANS FAILSAFE PROG”が表示されて鬱陶しい。何とかなります?」
とのお話しもお受けしましたので、急きょ対応です♪
↑対応前なので、エラーが残っていますが、左ハンドルのMT!!
凄い魅力的なマシンです。ハンドルも新品交換済みで、内外装ピカピカですごい愛情を注がれているE39でした。

E39の場合、M5以外はMT仕様車は正規ディーラー車では存在しませんのでE39のMT車に乗りたい場合、載せ換えるor並行輸入車をGETする。しか方法はありません。

今回のE39は、ATからの載せ換えとなり、機械的に載せ換えしただけではミッション(オートマ)内のセンサーが外されてしまったりして、“TRANS FAILSAFE PROG”が表示されてしまいます。これは仕方ない事です。

という事で、今回はメーター内に“TRANS FAILSAFE PROG”が表示しないように、コンピューター内部でウマい事処理できるようにゴニョゴニョしてしまいます^^ (この作業はE39のATからMTに換装した車両のみの対応となります)

はいバッチリ♪

スッキリしたメーターにオーナーさんにも喜んでいただけました。

マニアックなE39トーク&素敵なE39を見られてとても楽しい時間はあっという間。

遠いところ、ありがとうございました。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket