「DSCユニット交換」タグアーカイブ

MINI R56 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCにて交換後の現車適合化

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

ちょくちょく壊れるようですね…。
R56のDSCユニット。ABSユニットとも呼ばれる場合も…。
まあ、どちらも同じものです。

という事で、中古DSC(ABS)ユニットにて交換修理したので、現車適合化の処理して。という業者さんからのご依頼です。

BMW MINI R56 DSC(ASB)ユニット故障→中古DSCにて交換後の現車適合化



今回の作業コード:ABS_RECODE_TRW

中古ユニットへの載せ替え作業は、ご依頼元の業者さんで済んであとは中古ユニットを、載せ替えた車両へ適合化させる処理を行うだけです。


ご来店時は、DSC(ABS)関連の警告灯のオンパレード。

で、ですね、R56系のDSCユニット(TRW社)の載せ替え後の適合化処理、事前に準備しておいても、BMW社の中でものすごく面倒ください(ヘタすりゃ1時間以上かかる)部類なので、どうにかならんもんかね?と前々から考えていたのですが一度は断念。

ですが、ふと新たな手法を閃きまして、ダメなら従来手法で対応すればOKなだけなので、実際にこの車両でやってみました。


結果、新たな手法でも問題なく作業可能でした。そして、狙い通り作業時間が大幅短縮&作業リスクも従来手法に比べて大幅低減(プログラムの入れ替え等しますので、リスク0ではありません)。作業時間の短縮は、作業中お待ちいただくオーナーさんにとってメリット大ですね。時間は貴重ですから^^。

引き渡し前に、BMW社指定の純正診断機でエラーチェックしたり、一通りチェックしてOK。

最終確認として、ご依頼主さんに動作確認・試運転を行っていただき、診断機の診断結果にも問題ないことを確認してもらって作業完了です。

その後、違う話で盛り上がりあっという間に時間が過ぎていきました(笑)

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

R56 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー処理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

今回もDSCユニットが壊れて、中古DSCユニットにて交換修理されたR56です。

当然ですが、ポン付けでは正常に動作しません。

という事で…

MINI R56 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー処理



今回の作業コード:ABS_RECODE_TRW

DSCユニットが壊れている。という事で、中古DSCユニットにて交換。

交換後の入庫いただいた車両です。
(当店ではブレーキラインの脱着が入る作業は作業不可ですので、事前にDSCユニットは交換しておいてください)


ご来店時は、ご覧のように定番の警告灯が大量点灯中~。

では早速作業開始です!!

R55~60系のTRW製ABSユニット(DSCユニット)の移植拒絶反応をなだめるのは、なかなか色々面倒です><

何台もこのR56のDSC載せ換え作業をしていますが、色々調べてみたら、やはりR56系はこの超絶面倒くさい方式でしか無理みたいですね。。。

機嫌を直してもらうには、あめちゃんが大量に必要ですww

大量にあめちゃんをあげても、今回はちっとも機嫌を直してくれません><

ご覧の通り、まだ警告灯が付いています。

実は、すでに機嫌を直していてくれて、DSCユニットは絶賛正常動作で故障検出中でした(笑)

はい、あるモノがホントに壊れていたんです><

このあるモノがこれまた高額で、付いている場所も厄介。

これが壊れていると、載せ換え後の仕上げ作業もできません。

ですので、この日はここまでで作業終了。

新品の部品は10万円近いお値段。

「新品は高いので、中古で探していただいても良いですので、壊れていないのに交換してください。場所はこの辺りに付いています。」とお伝えして・・・

数日経過。

「教えていただいた○○、交換完了しました。○○が△△になってましたぁ~。これでは100%壊れますよね。笑笑」

と、ご連絡をいただき、前回の作業の続き。

前回で、仕上げ作業の一歩手前まで作業完了しているので、あっという間に…
はいバッチリ♪

今回は高額部品のダブル故障でDSC関係がご臨終していました。

ミニも多いんですかね…。
あれが原因のあれが…。
(↑ネット情報を鵜呑みにして、全てを信じてしまう人がいるので、詳しくは書きません。)

ご依頼ありがとうございました。

今回のように、DSCユニットだけが犯人という訳ではなく、共謀者がいる場合があります。またDSCユニットを犯人に見せかけた黒幕がいるかもしれません。共謀者や黒幕がいる場合、今回のように【ABS_RECODE_TRW】だけでは直りませんので、その点ご注意くださいね。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E91 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー処理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

E91のABS(DSC)ユニットが故障し、中古のABS(DSC)ユニットで交換修理したので、中古ユニットが正常に使えるように書き換えを。との業者さんからのご依頼です。

BMW E91 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー対応

今回の作業コード:ABS_RECODE_ATE

E9X系などが使っている“ATE製”のABSユニットには、BMWの部品表を見れば一目瞭然なのですが、同じ車種・年式でも種類があるので注意が必要ですね♪

同じ車種・年式だからと言って、元々付いていたユニットと違う種類の中古ユニットを付けても直りませんので、中古のユニットを購入される際には、購入先でちゃんと適合確認してくださいね。購入先で適合確認しないと、万が一の際に返品もできませんし^^

という事で、正しい中古DSCユニットにて交換されたこちらのE91。


当然ですが、中古ユニットを取り付けただけでは画像のようにABS警告灯が点灯し、DSC等の機能も作動しません。

DSCユニットのエラーログの中身も、DSCユニットコーディングエラー。車両情報不一致。正しくコーディングしろ。というログが残っています。

中古ユニットを使えるように、現車に合わせて適合化処理作業をゴニョゴニョとしていきます。

BMWで中古のコンピューターを使用する場合は、必須の作業ですね。

載せ換えされた中古ユニットが壊れていなければ、この作業だけでOKなのですが、毎回、適合化処理後はドキドキしますね。
バッチリ♪
中古ユニットもとりあえずは壊れていないようで安心しました。

試乗してもらって、その後、最後の仕上げの診断機での車両のトータルチェック。
エラーも吐いていませんね。

すべて問題ない事を確認していただき、作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

安い中古のDSCユニットが見つけれれれば、リーズナブルに復活できますので、E9x系にお乗りの方でDSC(ABS)ユニットが壊れてお困りの方(中古部品で修理という事ですので、その特性を理解できる方のみ)にはお勧めですね。なお、ブレーキラインの脱着が入りますので、ユニットその物の交換は当店ではできません。整備工場にて交換後、ご予約のうえご来店ください。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto