「ABSユニット故障」タグアーカイブ

MINI R56 ABSユニット故障→中古ABSユニットにて交換修理後の処置

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

ABSユニットが内部故障。それを中古ABSユニットにて交換修理したので、取り付け後のコンピューター処理を。

という事で、入庫したR56です。

BMW MINI R56 ABSユニット故障→中古ABSユニットにて交換修理後の処置


今回の作業コード:ABS_RECODE_TRW


今回はかなり写真を取り忘れたのですが…
(↑の画像はすでに無事作業が済んだ時の画像のため、ABS関係の警告灯は消えています)

では早速作業開始!!

まずは一応念のために車両に残っているエラーログを診断機を使って確認。車種等により若干異なりますが、大体いつもと同じですね。こんな感じでエラーが残ります。残っているエラーに対して、適切な道具を使って適切な処理をゴニョゴニョとしていきます。


すると、ディフェクトエラー(故障)メモリー:0
となり、トップの画像のように異常を示す警告灯は消えます。

最後に一緒に動作確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E46 ABSユニット故障→中古ABSユニットで交換後のコンピューター処理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

ABSユニットが故障し、中古ABSユニットにて交換修理されたE46です。中古ABSユニットに交換したので、現車に合わせて書換+再設定等のコンピューター処理を。という事で、ちょくちょく作業させていただく業者様からの作業依頼です。

BMW E46 ABSユニット故障→中古ABSユニットで交換後のコンピューター処理



今回の作業コード:RECODE_BOSCH
※E46のABSユニットはATEですが、作業コードがBOSCHとなっていても気にしないで下さいw E46もこの作業コードでOKです。

中古ユニットをポン付けしても、正しく動作しませんので書き換えやら再設定やら、現車に合わせてちょっと特殊な作業が必要です。

載せ換えただけだと、当然このような状態。
エラーコードは、車体番号のアンマッチ。

出ているエラーに対処しない限り、このエラーコードは消えません。(あ、ちょっと自分でいじってみよ~なんてことはしないでくださいね。載せ換え終えたら、何も触らず作業をご依頼ください。下手にいじっちゃうと、最悪こちらから書き換えできなくなっちゃって再度交換。となっちゃう場合もありますので)

ゴニョゴニョと作業すると…

バッチリ♪

仮ナンも付いているので、積車から降ろして試乗していただき問題ない事を確認していただき…

作業完了。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E91 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー処理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

E91のABS(DSC)ユニットが故障し、中古のABS(DSC)ユニットで交換修理したので、中古ユニットが正常に使えるように書き換えを。との業者さんからのご依頼です。

BMW E91 DSC(ABS)ユニット故障→中古DSCユニットにて交換修理後のエラー対応

今回の作業コード:ABS_RECODE_ATE

E9X系などが使っている“ATE製”のABSユニットには、BMWの部品表を見れば一目瞭然なのですが、同じ車種・年式でも種類があるので注意が必要ですね♪

同じ車種・年式だからと言って、元々付いていたユニットと違う種類の中古ユニットを付けても直りませんので、中古のユニットを購入される際には、購入先でちゃんと適合確認してくださいね。購入先で適合確認しないと、万が一の際に返品もできませんし^^

という事で、正しい中古DSCユニットにて交換されたこちらのE91。


当然ですが、中古ユニットを取り付けただけでは画像のようにABS警告灯が点灯し、DSC等の機能も作動しません。

DSCユニットのエラーログの中身も、DSCユニットコーディングエラー。車両情報不一致。正しくコーディングしろ。というログが残っています。

中古ユニットを使えるように、現車に合わせて適合化処理作業をゴニョゴニョとしていきます。

BMWで中古のコンピューターを使用する場合は、必須の作業ですね。

載せ換えされた中古ユニットが壊れていなければ、この作業だけでOKなのですが、毎回、適合化処理後はドキドキしますね。
バッチリ♪
中古ユニットもとりあえずは壊れていないようで安心しました。

試乗してもらって、その後、最後の仕上げの診断機での車両のトータルチェック。
エラーも吐いていませんね。

すべて問題ない事を確認していただき、作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

安い中古のDSCユニットが見つけれれれば、リーズナブルに復活できますので、E9x系にお乗りの方でDSC(ABS)ユニットが壊れてお困りの方(中古部品で修理という事ですので、その特性を理解できる方のみ)にはお勧めですね。なお、ブレーキラインの脱着が入りますので、ユニットその物の交換は当店ではできません。整備工場にて交換後、ご予約のうえご来店ください。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto