「純正オートクルーズ」タグアーカイブ

E89 純正オートクルーズ機能レトロフィット(追加)

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

「Z4に後付でオートクルーズ(純正)をとりつけました。使えるようにコーディングしてほしい。」

というご依頼です。

BMW E89 純正オートクルーズ機能レトロフィット(追加)

今回の作業コード:CUSTOM_CODING

純正オートクルーズ機能を追加するにあたり、絶対に必要なクルーズコントロール用のスイッチ(赤矢印)。


ハード側(車両側)は必要なものが必要な個所に正しく取り付けられている。という事を信じて…

早速作業開始!

無事、新しいコード等を受け入れてくれたようでエラーも出ず書き換え完了。エラーが出なかった=ハード側も必要なモノが必要な個所に正しく取り付けられていた。

という事なので、動作するのはほぼ確実なのですが、、、

いきなり公道でテストするのは危険なので、念には念を入れて私有地の車が来ない直線で動作確認。
↑バッチリ正常動作します♪
(液晶部分に残っている△のエラーは時刻未設定の為出ています。日時を設定すれば消えます)

そのあと、オーナーさんにも動作確認をしていただき、問題ないことを確認してもらい作業完了です。(あ、最後に日時を設定して)

ご依頼ありがとうございました。

車両(年式・グレード・型式等)により、純正オートクルーズを後付けするに必要な部品等は異なりますので、そのあたりはご自身で調べて付けてください。そのあたりもDIYの楽しみです♪

純正オートクルーズを取り付けるにあたり、絶対に必要な物だけ記載しておきます。

それは…『オートクルーズのスイッチ(ハード側)』と『オートクルーズを作動させるためのデータ(ソフト側)』

これは絶対に必要です。
(車種によりハード側を整えただけで作動する車種もあります)

ハード側の取付は、DIY派のオーナーさんにはそんなに難しくもなく大変ではないので、オートクルーズが欲しい。というオーナーさんは是非ご自身で取り付けてみてください。今回のE89のように機能をONにする書き換え(ソフト側)だけのご依頼、Welcomeです。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E39 純正オートクルーズ(マルチファンクションスイッチ)レトロフィット

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回は高速移動時になどに便利なオートクルーズ機能の後付けです。社外のオートクルーズユニットを後付け…。
という訳ではなく、純正オートクルーズレトロフィットです。

E39でもオプションの組合せによっては、ステアリングホイールにあるスイッチ(通称:マルチファンクションスイッチ)が装備されておらず、オートクルーズ機能もありません。もちろん純正オーディオの操作もできません。

そこでこちら。

BMW E39 純正オートクルーズ(マルチファンクションスイッチ)レトロフィット


現在装着されているステアリングホイールにマッチする、マルチファンクションスイッチのみを後付け。という方法ももちろん可能ですが、今回はマルチファンクションスイッチが装着されているステアリングホイールへと丸ごと交換です^^
↑外したステアリングホイール。
マルチファンクションスイッチが付いていないタイプのMスポハンドルです。

で、交換するステアリングホイールは…
同デザインでスイッチ付きの物となりますので、エアバッグモジュールそのものはそのまま移植です。
カサゴソと作業して…

マルチファンクションスイッチ付きのステアリングホイール取り付け完了^^

今までスイッチ等がなく、封印されていたオートクローズも解放。今まで点灯することがなかったオートクローズの電源インジケーターもバッチリ点灯しています。

E39のBMW純正オートクルーズは、30km/h~リミッターまでクルーズセット可能ですので、国産車のオートクルーズよりはるかに使い勝手が良いです。

E39のM52TU&M54エンジン車であれば、後付け可能です。純正機能の後付けですので、一切後付け感等はございません。

おススメです^^

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto