警告灯点灯による修理&不具合修理のお問い合わせについて

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

よくナンチャラ知恵袋とかで質問→それにこれで間違いありません。的にお答えされているスーパードクターがおられますが、現車を診ずに文章だけで答えておられる内容を信じて、「知〇袋やSNSに○○が原因て書いてあったのですが、修理代はいくらくらいかかりますか?」なんて、意味不明なお問い合わせもたまにあるのですが、今まで過去のブログに何度も記載しておりますが、警告灯の点灯原因には複数の要因があります。

ネット情報を鵜呑みにして信じるのは勝手ですが、故障・不具合に関しては『信じる者は救われる』ではなく『救われません』。
ムダ金使う可能性も高いですし、完治するまでに異常な遠回りをする事も多々あります。

また、「故障診断は○○で間違いないから○○の作業メニューでそこを直して」と言われ、「診断しなくて良いんですか?」と尋ねるも「そんなことしなくても良いから、言ったところの作業をして」という事で作業して、実はそこが原因でなく違う所が原因で警告灯が消えず、「直ってない」とクレームをいう頭の沸いた人(悪質クレーマーこと貧乏神)もいたり・・・。

という事で、当店での警告灯点灯による修理や不具合(例えばi-driveの動きがオカシイ・エアバッグ警告灯や他の警告灯が点灯している)等による修理などの際には、必ず初診してコンピューター診断(有料)を通して、原因個所を確認してからの作業となります。

ただし例外として
BMW正規ディーラーにてコンピューター診断+修理見積書がある場合、その修理見積書が人間の病院で言う処の“紹介状”にあたりますので、当店での初診は不要です。(お問い合わせフォームには添付できませんので、当方から返信したメールに修理見積書をPDFで添付してください)

正規BMWディーラー以外での故障診断 or 故障診断していない or 自分で診断 or マルチの診断機での診断の場合、本命作業の前に初診して当店でのコンピューター診断を初診として行います。その為、別途初診料としてコンピューター診断代が発生します。初診を行わないと故障(エラー)の原因が不明なため、当店での修理作業は行いませんのでご了承ください。

なお、上記にも書いています通り、現車を確認してみないと正確な不具合箇所(故障箇所=点灯原因)もわかりませんし、情報だけ抜き取ろうとする“コスイ”業者もいるので、現車を当店まで持ち込めない・遠いから…と言って持ち込む気合の無いオーナー様&業者さんは初めから問い合わせをしないでくださいね。

特にエアバッグ警告灯が点灯している車両のオーナー様で当店でのリカバリーをお考えの方は、車検ギリギリではなく早めに行動を開始してください。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。

MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket