E46 中古ASCユニット(ABSユニット)交換後のエラー対応

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回はBMW仲間がやっている修理工場から、ASCユニットを中古部品で交換修理した後処理の作業依頼です^^

そのため、ASCユニット本体の交換は完了した状態で当店へ持ち込みです。

ASC/DSCユニット(ABSユニット)故障も、高額修理費がかかる定番故障ではありますよね。

中古で直せればいいのに。。。というE46オーナー様必見の今回のブログです。

BMW E46 中古ASCユニット(ABSユニット)交換後のエラー対応

ASC/DSCユニットエラーがあったらしく、中古部品で交換したそうです。そうしたところ…

「中古のASCユニット(ABSユニット)に交換したところ、“異なるシャシーナンバー”っていうエラーが出ちゃって、マルチの診断機で消そうとしても消えない。。。どうにかなります?」

ってことで、作業させていただきました。

ちなみに送ってもらったエラー画面(↑)


E46のASC/DSCユニット(ABSユニット)は他のユニット同様に、ポン付けでは他のASC制御に必要なユニットとのやり取りの段取りができてないため5E1Fというエラーを吐きます…。もちろん、メーターパネル上にも1枚目の画像のように黄色いシンボルマークがピカーンと輝いきます。

通常、E46のASC/DSCユニット修理はディーラー含め、一般的には高額な新品モジュールで交換修理という流れになります。(E46のASC/DSCユニットは現物修理できない物があるらしい←現物修理作業を依頼した友達談)

ところが…
正常な中古ASC/DSCユニットを使って、現車に合わせてユニットデータを再調整やらをゴニョゴニョと作業すれば…
はい、この通り(^^♪

エラーも消えて、バッチリ機能もします。

E46のASC/DSCユニットの故障対応は。。。
①新品交換 ← 一番安心だけど一番高い
②現物修理 ← できるかどうか不明(当店は現物修理は一切していません)
③正常な中古品で交換+当店で交換後のユニット処理 ← 安い部品を見つければ一番安上がりな修理方法

の3択から選んでいただけるようになりますね。

ご依頼ありがとうございました。

作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket