E39(前期) ライトチェックモジュール(LCM)故障→中古LCMに交換

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。

埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

今回は、E39 LOVEで、色々な事をご自身で作業される素敵なオーナー様のご依頼です。

「E39のLCMが壊れヘッドライトが点きっぱなしとなり中古品と交換しました。この時期のコントールモジュールは再コーディングできないと聞いていますがコーディングは可能でしょうか。」

という事で、LCM交換自体はすでにオーナー様ご自身で交換済みで、通常することのできない作業である再コーディング(車体番号の再登録&初期化コーディング)のみ、当店でやらせて頂きました。

BMW E39 ライトチェックモジュール(LCM)故障→中古LCMに載せ換え

新車(US並行)で購入されて、ずっと所有されておられますので、2桁ナンバーです。ステキです^^
さて、中古LCMが搭載された車両の方ですが、搭載した中古LCMと、現車との車両情報がアンマッチの為、メーターにタンパードット(赤矢印)が表示されています。

そこで現車の情報を、通常書き込むことができない中古のモジュールにゴニョゴニョと書き込んで、車両に合わせてモジュールを初期化していきます。中古ポン付けでは色々厄介な事が起きますので、ちゃんと車両情報の再登録などが必要となります。
タンパードットも消えてバッチリ!!

オーナー様にもご確認いただき、作業完了です。

作業完了後、E39についても色々と話が盛り上がり、短い時間でしたがとても楽しい時間でした。

LCMが壊れたら通常は新品交換となり、○○万円コースとなりますが、中古モジュールでリカバリーすれば新品修理の約20~40%程度のコストで復活可能です。

遠いところ、ありがとうございました。


作業メニューや料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket