「球切れ警告解除」タグアーカイブ

E60 イカリングのLED化 車検適合化コーディング作業含む

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

今回も定番のイカリングのLED化です。

LED化、誰でも簡単にできるのですが、BMWの場合、ただ交換しただけでは車検不適合車となり車検NGとなる場合があるので注意が必要です。

BMW E60 イカリングのLED化 車検適合化コーディング作業含む


今回の作業コード:BMW_CODING


今回も交換用のバルブは、オーナーさんの持ち込みです♪

では早速交換作業を。

↑BEFORE


↑AFTER

付属のキャンセラーは付けていても意味がない(球切れは解除できたとしても車検NGとなるフラッシングは解除できない)& キャンセラーは危険 & ヘッドライト内のスペースも厳しい。ので、いつものようにキャンセラーは初めから付けずに対応していきます。

皆さん勘違いされていますが、キャンセラーはほぼフラッシングは回避できません。(よく読むと小さい字で個体差によりフラッシングどうのこうのと記載されています)

このままではエンジン始動時にフラッシングしてしまったりするので、車検に適合するようにエンジン始動時のフラッシングの解除。

と同時に球切れ警告も解除しておきます。

なお、今回はオーナーさんのご希望で、イカリング点灯中にホントに球切れした際は球切れ警告がでるように設定してあります。

キャンセラーはいつでも球切れ警告を回避してしまうので、せっかく標準装備である球切れ警告を、↑のように有効活用することができません。

どっちみち、LED化するには今回の作業を行う必要が出てきます。ハロゲンからLEDに交換される際は、BMW専用キャンセラー内蔵やら付属。など記載のあるお高いLEDバルブは不要です。国産車用の普通のLED球で問題なしです。

最後にオーナーさんと一緒に、再度問題ないことを確認して作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00 (世情を鑑み変更の場合あり)
【定休日】土曜・日曜・祝日
【メール】E-Mailでのお問合せ


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E61後期 イカリング交換+LED化による球切れ警告&フラッシング解除

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

フロントウィンカーなど、LED化による球切れ警告が出たりエンジン始動時にチカチカとフラッシングするので解除をしたい。というのと、ついでにイカリングもLEDにしたい。

と言う事で入庫です。

BMW E61後期 イカリング交換+LED化による球切れ警告&フラッシング解除



今回の作業コード:BMW_CODING

フロントウィンカーのLED化、フォグやリバースランプ等をLED化による球切れ警告+エンジン始動時のフラッシング解除をするついでに、イカリングもLEDに交換。

と言う事で、さっそく作業開始です。

イカリング用のLEDはオーナー様の持ち込み品です。
当店的にお勧めのイカリング球というのはないので、オーナー様のお好みで選んでいただければと思います。


これはこれで良いですよね^^

でも…

真っ白お目目。

車内のモニターは警告のオンパレード♪
(まだまだ出ていますw)
という事で…

■フロントウィンカーのLED化
→これをすれば、ハイフラ抵抗防止抵抗(キャンセラー)は不要
■LED化された箇所のLED化
→これをすれば、球切れ警告+エンジン始動時のフラッシングも解除できます

を施工。
バッチリ!!

「左ブレーキライト異常!」は、ほんとに球切れしていましたので、帰りにでも近所のオートバックスで電球購入して球交換してください。とホウレンソウ。

ブレーキ球の交換くらいDIYで十分可能ですから当店が手出しする必要はありませんよね。というか、それくらいは車を運転するなら自分でしていただきたい。車の取説にも交換方法は書いていますしね。

最後にオーナー様と一緒に問題ないことを確認して、作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


R55 ヘッドライトHID化&各所LED化対応コーディング

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

久しぶりのMINIです♪
BMWのE系メインですが、MINIもR系でしたらコーディングやBMWと似たような作業も可能です。

という事で…

BMW MINI R55 ヘッドライトHID化&各所LED化対応コーディング

ノーマルバルブ→HIDやLEDへの換装は、車両に付属の説明書に球の交換方法(基本的な部分)が記載してますので、それを見れば誰でも作業可能です♪

こちらのR55も、事前にオーナー様の手でHIDやLEDに交換済みです。

ノーマルバルブからHIDやLEDに変更したので、当然のように下記に記載したようなよく起こる事象が発生していました。

ですので、当店はR55の車両データをサクサクっと書き換えて不具合事象は解消です。

最後にオーナー様と一緒に動作確認をして作業完了です♪

LEDやHIDに変更したことで起こるお困り事象と言えば・・・
①球切れ警告がでる
→キャンセラーが付いていても、たまに出る事あり

②エンジン始動時のフラッシング
→エンジン始動時にノーマルバルブからLEDやHIDにしたところがストロボのように光る

③HIDが安定して点灯しない
→バラストやバルブに不具合がないのに、突然片側だけ消える・チラチラと明るさがチラつく。

④ウィンカーがハイフラになる
など・・・

上記4つがLEDやHIDにした際に、出くわす可能性が非常に多い事象です。

このような事象が発生したままでは、当然車検には通りません。

当店でHIDやLED対応へとコーディングすれば、キャンセラーなど一切不要となりますので、普通のバルブ交換と同じようにホント簡単にLEDやHID仕様へと変更できます。もちろん、上記のような不具合にも対応可能です。

HIDやLEDにしたことで、上記のようなお困りごとが発生したBMWのE系やMINIのR系にお乗りのオーナー様、業者様、お気軽にお問い合わせください。

ご依頼ありがとうございました。


この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto