「中古CCC交換」タグアーカイブ

E60 i-driveブラックアウト→中古CCCにて交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

使い方が悪いと発生する定番?のi-driveのブラックアウトです。設計者の意図する使い方で使っているオーナーさんは、壊れることは滅多にありません。もう10数年使っているけど、壊れないな。というオーナーさんは設計者の意図する使い方なんでしょうね^^

E60はi-drive(CCC)がぶっ壊れると、タイヤの空気圧設定(初期化)もできなくなり、ふとしたタイミング(タイヤに空気を入れた等)でタイヤ空気圧異常のエラーが出たりします。この車両も空気圧再設定ができず、エラーが出ていました。当然、画面は真っ黒、音(オーディオや警告音)も出ない。

と言う事で、中古CCCで交換です。

BMW E60 i-driveブラックアウト→中古CCCにて交換修理



今回の作業コード:CCC_REP

いつものようにサクサクっと作業を進めていきます。

オーナーさんに持ち込んでもらった中古CCCに載せ替えして…
現車に合わせて書き換えして…


一通り動作確認して、ハイ完成。

だけど、入庫時からエアバッグの警告灯が点灯しっぱなしだったのでついでに消去。



バッチリ♪

あとは空気圧設定(初期化)を行えばOKです。
空気圧設定の方法は、取説にちゃんと記載してありますのでやり方知らない人は取説読んでください。

最後にもう一度、オーナーさんと一緒に動作確認等行い、不具合ないことを確認していただき作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ


 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

Copyright© Copyright(C) 2011- mercury-auto.com All Rights Reserved.

E60 CCC不良→CICコントローラー仕様の中古CCCで交換修理

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているMercuryです。

CCC不良でi-driveがご臨終したE60後期です。

後期の年式によっては非常に厄介です…><

BMW E60 CCC不良→CICコントローラー仕様の中古CCCで交換修理


今回の作業コード:CCC_REP

E60系の場合、前期と後期ではパネルが違うので物理的に付けられないのは誰の目にも明確にわかるのですが、後期のCCCの中にはほぼ最終型用のCICコントローラー仕様のCCCがあります。

これが厄介で、パッと見では分かりません。
(注意深く見る人やあることに気付く人は判別可能かも知れません。ここで書くのは面倒なので書きませんが…)

その逆に、レアな車両であるCICコントローラー仕様のCCC車にも同様の事が言えます。

それが、このブログ

CCCコントローラー仕様のCCCをCICコントローラー仕様の車両に使う場合や、CICコントローラー仕様のCCCをCCCコントローラー仕様の車両に使う場合、通常の載せ換え作業“CCC_REP”の他に、追加作業が必要となります。

この追加作業をしないと、コントローラー操作は一切できません。

サクサクっと作業を進めていきます。

はい完成。

このCCC、どうやら2019年の6月に車両から外されていたようですね。CCCは外すと時計は狂いますが、日時は基本的に覚えています^^

最後にオーナーさんと一緒に動作確認して、作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

当然ですが、CCCコントローラー仕様のCCCをCCCコントローラー仕様の車両に使う分には、“CCC_REP”の作業のみでOKです♪

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

※ブログと同じ内容の故障事例でも、作業内容や工数・モデル・オーナー様の子育て状況(愛車のメンテ具合)等の違いにより、必ずしも同じ手法・同じ価格での修理とはなりません。なお、当店の修理方法はかなり特殊な方法を取っている作業がちょくちょくありますので、真似する際はご注意ください。さらに泥沼にはまる可能性があります。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

Mercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


E60 CCC故障→中古CCCにて載せ換え修理+バッテリー交換

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

i-driveモニターがブラックアウトしたE60です。本作業前に事前にご来店いただき、コンピューター診断させていただきました。その際にCCCが死んでいる。という判断をさせていただきました。

CCC以外のモジュールに不具合がある場合でもCCC故障と同じ症状に陥りますので、判断が重要となります。判断ミスをすれば、当たり前ですがCCCを交換しても復活しません。特に前期の場合は、そのモジュールの居場所が悪く、ご臨終される可能性が大きいため特に注意が必要です。BMW純正診断機でのコンピューター診断や現車確認は重要ですね。

オーナーさんご自身に中古CCCの手配をお願い(部品代安くできますからね)し、部品が揃った。との事で…

BMW E60 CCC故障→中古CCCにて載せ換え修理+バッテリー交換



今回の作業コード1:CCC_REP
今回の作業コード2:BATT_REG & BATT_SIZE


まずは、問題のCCC故障の方から。
CCC交換の際に、『車ではテレビ見ないので、車両購入時から付いていた地デジチューナーなど、CCCに割り込みしている余計なモノは、できればついでに撤去してほしい。』との要望もございましたので、CCC交換に合わせてご要望のあった撤去&修復作業をしていきます。

とりあえず、定番のこちらも撤去。

もうね。。。
これ(エレクトロタップ)、使うのは無しでしょ。あり得ないです。しかも、取り出し間違えて、そのままにしているし。。。

まずはこれを撤去。

取り外すと、配線はこんなにダメージが。。。

熱収縮チューブでお手当です。

要らない配線やチューナーなど一式取り外しできたので、問題のCCCに取りかかります。

持ち込んでもらった中古CCC。

載せ換えて、いつものようにサクサクっと^^

CCCの方は無事復活♪

あとは、バッテリー交換です。
今回の作業コード2:BATT_REG & BATT_SIZE

バッテリーの手配は当店にご依頼頂きましたので、オーナーさんの承諾を得て、新品バッテリーですが作業日前日にBOSCH製のバッテリーチャージャーで補充電かけておきました。

ついでにバッテリーテスターも。
新品バッテリーですので、当然GOODです。

車両から古いバッテリーを取りだそうとしたら…
純正容量より小さいバッテリー(容量86Ah)が付いていました。(交換後の写メは取り忘れてしまいました><)

今回取り付けするのは、容量が100Ahですので、車両に登録されているバッテリーサイズを変更する必要があります。

この辺りもサクサクっと書き換えして、バッテリー交換情報を登録。

最後に、オーナーさんと一緒にCCCの動作確認等を行い作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの作業コード・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

なお、こちらの作業は必ず現車が必要となります。ご来店いただけない場合には施工できません。

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録してみてください。ブログ更新情報が届きます

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ・午前中のみ営業)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto