BMW MINI R56 DSCユニット故障→中古DCSユニットにて交換修理後のエラー対応

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こんにちは。
埼玉県三芳町・所沢・ふじみ野・川越のBMWのE系に力を入れているCar-Shop Mercuryです。

「MINIのR56なんですが、DSCユニットが壊れていて中古ユニットを使って交換修理できますか?」とのお問い合わせがあり、作業させていただきました。

BMW MINI R56 DSCユニット故障→中古DCSユニットにて交換修理後のエラー対応


R56の場合、DSCユニットそのものの交換はブレーキラインの脱着が入りますので当店での作業はできません。壊れていないDSCユニットに交換後にご来店いただければR56はやったことありませんが、他のBMWのようにコンピューターの処理は可能だと思います。

という事をお伝えして、中古DSCユニットに載せ換え後、ご来店いただきました。
違う車両のDSCユニットが付いていますので、ABSとトラコン(△に!マークが組み合わさっているシンボル)が点灯しています。このままではどれだけリセットしても警告灯は消えません。

では早速、警告灯を消すべく現車に合うように作業していきます♪

普通は純正プログラミングマシンを持ち出さなくても作業完結するのですが、最後の現車に合わせてユニット内部のパラメーターを調整するところでいきなりアクセス拒否・・・(涙)これができないと、最後の仕上げの車両全体としての調整ができず警告灯が消えません。

純正プログラミングマシンは全ての動作が遅く時間ロスになるのであまり使いたくないのですが、今回は仕方ない・・・。

という事で、ここまでの作業で純正のプログラミングマシンが使えるようにはなっていますので、今回は最後の仕上げのみ純正のプログラムマシンに行ってもらいます。(中古ユニットをいきなり純正のプログラミングマシンで書き換えなどはできません)


接続してポチポチと選んであとは純正プログラミングマシンにお任せ。この辺りはBMW正規ディーラーで行う作業と同じですね。

暫くすると、無事終了のお知らせ。

この車だけなのか、R56はすべてこんな感じで特殊ツール+純正プログラミングマシンの共同作業が必要なのかは謎ですが、作業は無事完了です。

最後に壊れていたDSCユニットを拝見。
TRW製なんですね。

BOSCHやAteではこんな事なく特殊ツールだけで対応できたので、もしかしたら、TRW製のみハイブリッド作業が必要なのかも知れません。

ご依頼ありがとうございました。

この作業メニューの料金・注意事項等はこちらをクリック。
(ご依頼時は必ずこちら↑の注意事項等をお読みください。)

LINEでのお問い合わせもOK!!
【LINE】ID:mercury-auto

お問い合わせフォーム

携帯/スマホでのお問い合わせのお客様はご注意ください。

※同じ型式の車両であっても、前期・後期の違い等によりできない内容のものもありますので、実際に車両にプログラムされているデータを見てからの判断となります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

特殊なシステムが必要なコーディングやコンピューター診断/エアバックエラー消去は、販売店様・整備工場様方からのご依頼もお受けします。お気軽にどうぞ。
業者様はこちらをご覧ください。

注意PCからの返信となりますので、携帯メールの方は当店からの返信メールが届かない場合があります。受信メールの設定等ご注意ください。
MercuryのFacebookページはコチラから↓
http://www.facebook.com/saitama.mercuryauto
Facebookをご利用の方は、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックして、ファン登録・支援をお願いします m(_ _)m

カーショップMercury

【HP】http://www.mercury-auto.com
【住所】埼玉県入間郡三芳町
(自宅兼事務所の為、住所の詳細は別途)
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日/土曜不定休 (土曜はコーディング作業のみ)
【メール】E-Mailでのお問合せ
【LINE ID】mercury-auto


[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket