トップページ > 中古車オークションとは > オークションの評価点について

オークション出品票(車両検査証明書)の評価点について

オークション出品票はただの紙切れではありません

中古車を購入のする際に、何処まで確認していますか?

実際に販売店で車を購入する際、当然ながらボディーのキズや凹み、内装の汚れ具合等、目に見えるところは確認しますよね。

車の下回りを覗き込んだり、トランクのカーペットを捲ったりして見てますか?

実車を見て、事故歴(修復歴)やメーターの巻き戻し交換等があると判断できますか?
実際、判断できる方は少ないと思います。

その点、オークションに出品されている中古車には、車の写真と、その車の修理箇所・不具合箇所が記載されている出品票が付随しており、誰が見ても一目瞭然の出品票を見れば、実車を見なくても安心して購入する事が可能です。

その出品票は、各オークション会場の、プロの検査員が、出品される車一台一台を入念に検査し、傷やヘコミはもちろん、事故の修復暦、メーター改ざん巻き戻し等の状態をすべて出品票に記載します。

通常中古車は、お客様が中古車屋で現車を確認した状態での現物販売ですので、納車時に不具合が発見されても返品・修理費を請求する事はほぼ不可能です。

しかし、オークションで購入した場合には、メーター改ざん・修復歴の発覚などの重大事象が発生した場合には、落札した車両を返品をする事が可能です。いわば、車両の製品証明書みたいなものです。

出品票とは

参考出品票 オートオークションでは、出品車両1台1台について、厳密な査定が行われます。その内容が記載されたものが、出品票となり、車両に添付されます。基本的な部分は出品者が記入ますが、検査員が実際に車両を検査し、車両と出品車が記載した内容と相違があれば訂正します。そして、検査員が査定を行った結果を追記して車両出品票は完成します。

お客様自身では確認できない中古車の内部骨格にいたる部分まで、厳しくしっかりと書き込まれています。人間で言うところの、『人間ドッグの検査表』みたいなものです。

評価点及び評価基準について

※各点数右欄記載の評価基準を全て満たすものを当該評価点数の車両とする。

評価点 走行距離 内装補助評価 外装補助評価  内外装の程度  その他 
S点 10,000km未満 Aランク Aランク  ・ほとんど無傷、無補修であるもの  登録後1年未満 
6点 30,000km未満 ↑  ・ほとんど無傷、無補修で、加修の必要のないもの  エンジン及び足回り関係が良好であること 
5点 60,000km未満 ↑  ・目立たない傷、凹みはあるものの、内外装ともほとんど加修の必要のないもの
・外装部品の交換のないもの 
↑ 
4.5点  100,000km未満  Bランク以上  Bランク以上  ・内外装とも軽微な補修をすることにより5点に準ずるもの   
4点 150,000km未満  Cランク以上  Cランク以上  ・目立つ傷、凹、錆、焦げ、破れが少々あり、加修が必要と思われるもの   
3.5点  ↑  Dランク以上  Dランク以上  ・大小の板金や加修を必要とする所が数ヶ所あるもの
・多数の焦げ穴、破れ等があるもの 
 
3点    Eランク以上  Eランク以上  ・全補修、交換、張替えを必要とするもの   
2点          商品価値の低いもの 
1点  改造車、災害車(塩害・雹害・冠水車等)、粗悪車、競技車(ラリー・ダートトライアル車等)    
R点  修復歴車    
X点  極端な低年式車、レプリカ車、クラシックカー等の評価の困難なもの    


瑕疵記号一覧

車のイラスト部分に書いてある記号です。
箇所 瑕疵の種類 記号 詳細 
外装 キズ A1 拳大くらいのキズ
A2 手のひら2個大くらいのキズ
A3 上記以上のキズ
エクボ E1 エクボが1、2個
E2 エクボが数個
E3 エクボが多数
凸凹
(キズ無)
U1 親指大くらいの凸凹
U2 手のひら大くらいの凸凹
U3 上記以上の凹
凸凹
(キズ有)
B1 A1とU1程度の凸凹
B2 A2とU1~U2程度の凸凹
B3 A3とU1~U3程度の凸凹
補修 W1 仕上げの良いもの
W2 補修波があるもの、多少のパテ目等のあるもの
W3 補修波が目立つもの 再ペイントを要すもの
その他 S1 拳大くらいのサビ
S2 上記以上のサビ
C1 拳大くらいの腐食
C2 上記以上の腐食
X 交換を要す
XX 交換済み
コアサポート
  
バックパネル
B1 親指大くらいの現状のシワ、歪み
B2 上記以上のシワ、歪み、補修跡
X1 5cm以内の切れ、補修小、焦げ小
X2 5~20cm以内の切れ、またはその補修跡
X3 要交換(20cm以上の切れ、補修不良大等)
バンパー キズ A1 全体で手のひらくらいのキズ
A2 全体の1/3くらいのキズ
A3 上記以上のキズ
ビス穴 Y1 ビス穴が2か所程度のもの 親指大程度の割れ
Y2 手のひら大くらいの割れ
Y3 上記以上の割れ、改造穴
凹、押され、ズレ U1 小凹、小押され、小ズレ
U2 凹、押され、ズレ
U3 大きな凹、大きな押され、大きなズレ
補修 W1 仕上げの良いもの
W2 補修波があるもの
W3 補修波が目立つもの 再ペイントを要す
ガラス 飛び石キズ A1 目立たない飛び石キズ
A2 目立つ飛び石キズ
巻上キズ A1 目立たない巻上げキズ
A2 目立つ巻上げキズ
ひび割れ補修 X1 ひびが1cm程度のもの
R ひびを補修してあるもの
RX ひびを補修してあるが、交換を要するもの
X ひび、割れがあり、交換を要するもの


内装補助評価基準

※各点数右欄記載の評価基準を全て満たすものを当該評価点数の車両とする。
ただし、各評価点の評価基準の複数の項目に該当するものについては、当該評価点数より低い評価点とすることができる。

評価点※ 評価基準
Aランク 加修の必要がない、または必要性の低いもので、そのまま展示できるもの
1. 目立たない小さな破れ、軽い焦げ、又は簡単に取れる汚れ等が、 全部で2~3ヶ所までのもの
2. 大きな部分の欠品がないもの
Bランク 加修の必要性の低いもの、又は不具合内容があまり商品価値に影響しないもの
1. 小さな破れ、軽い焦げ、擦れ、ヒビが数ヶ所あるもの
2. 小さなこげ穴、ダッシュボードの小さなウキがあるもの
3. 簡単に取れる汚れがあるもの
Cランク  軽微な加修を必要とするもの、又は不具合内容が商品価値を下げるもの
1. 焦げ、焦げ穴、擦れ、目立つビス穴、ダッシュボードのウキ、小さなヒビ割れ等があるもの
2. 汚れはあるがクリーニングによりBランクに準ずるもの 
Dランク  加修の必要とするもの
1. 多数の焦げ穴、破れ等があり張替えが必要なもの
2. ダッシュボードの大きく変形したもの
3. クリーニングをしても落ちないひどい汚れがあるもの 
Eランク  大きな加修を必要とするもの
1.ダッシュボード等に目立つ大きなヒビ割れや、加工跡があり交換を要するもの
2. 内装、シート等にひどい汚れ、破れまたはヘタリ等のあるもの
3. 室内に強い異臭があり、そのままの状態では展示できないもの



外装補助評価点

※各点数右欄記載の評価基準を全て満たすものを当該評価点数の車両とする。
ただし、各評価点の評価基準の複数の項目に該当するものについては、当該評価点数より低い評価点とすることができる。

評価点※ 評価基準
Aランク 1. 2~3cmほどの小さな傷、小凹みが2~3か所以内
2. 板金・塗装済みでも、直し方が良好なもの
Bランク 1. 5~20の傷、ゴルフボール大の凹みが少々あるもの
2. 板金・塗装済みで、少々の波があるもの
3. ガラス(ひび・ワイパーの傷の大きなもの)割れのあるもの
Cランク  1. Bランク程度の傷、凹みが多数あるもの
2. 20cmから40cmの大きな傷が数ヶ所あるもの
3. 握りこぶし大以上の凹が、2~3ヶ所あるもの
4. 板金・塗装で、大きな波、少々の色ボケ、ムラのあるもの
Dランク  1. 大きな傷が多数あるもの
2. 大きな凹みが数ヶ所あるもの
3. 交換を必要とする程ひどい凹み、傷のあるもの
4. 板金・塗装済みだが、再補修が必要なもの
5. 錆の多いもの
6. 腐食のあるもの
Eランク  1. ボディが全補修の必要なもの(傷、凹の多いもの、色ボケ等)
2. 腐食が多く、腐食穴のあるもの